人間科学部 人間発達学科 人間発達学専攻

  • 学科トップ
  • 専攻詳細
  • カリキュラム
  • 取得免許・資格
  • 就職実績
  • 私の時間割
  • 学科/科オリジナルブログ

人間発達学専攻Now!人間発達学専攻の様々な情報をお知らせしています。

専攻の特徴

人間の発達とそれを支える方法を学び、子どものためのより豊かな生活と教育を実現する。

人間発達学専攻では、人間の発達とそれを支える理論や具体的な内容・方法としての保育や教育について学びます。特に、子どもが生活し、学ぶ環境の多様化に柔軟に対応できる知識と技能を身につけ、広い視野と見識に裏づけられた専門的能力を高めることができます。 また、学んだことを職業として活かせるように、小学校教諭、特別支援学校教諭のほか、幼稚園教諭の免許、保育士資格などを取得できます。

自分の目指す将来像にしたがって各専門科目を組み合わせ、先生や先輩のアドバイスをもらいながら自分の学びをデザインします。たとえば、「障がいのある子どもを含めて保育できる幼稚園教諭」、「子育てに悩むお母さんのカウンセリングもできる保育士」、 「地域の社会資源をつなぎ、子どもを育てられる教員」など、それぞれ得意分野を持った専門職になることができるのは本専攻の大きな特徴です。

  • 専攻の特徴img
  • 「人を育て支える専門職業人」  学びのニーズに合わせて専門的な免許・資格を取得

学習内容

乳幼児発達コース 授業風景

授業風景

乳幼児発達コース【保育士・幼稚園の先生になる!】

保育・幼児教育の理論と実践の両面から、現代に求められる創造的な保育者を育てます。保育の教員による少人数の徹底指導で、知識や技能はもちろん、子育て支援のためのカウンセリング能力や企画運営能力、ADHD(注意欠陥・多動性障害)など、さまざまな障がいをもつ子どもの保育や保護者支援などについて学びます。1年次からの地域子育て支援活動や保育現場でのボランティアなどで保育の現場に直接触れ、現実場面で対処できる実践力のある保育者を育てます。

児童発達コース 授業風景

授業風景

児童発達コース【小学校や特別支援学校の先生になる!】

今の教育界に求められている、使命感と教育実践力を兼ね備えた教員を育てます。そのため1年次から段階的に学校現場や児童生徒と関わり、理論と実践との融合を図っています。少人数の担任・ゼミ教員が学生の希望や適性に応じた指導を早期から行い、希望進路の実現をめざします。教員志望者には、専門教員や学科教員による教員採用試験対策を徹底的に行います

専門分野の集大成

教育・保育の現場で役に立つ解決能力と実践力を養います。

音楽の楽しさを子どもたちに伝えるために

人間発達学科 人間発達学専攻 城ゼミ 城 佳世

私たちは、音楽教育におけるICT活用、また、わらべ歌や合唱などの歌唱表現、トーンチャイムの演奏など教育・保育現場での実践的な研究に取り組んでいます。コンピュータを活用して音源を作成し、それを小学校に提供したり、幼稚園等で演奏活動をおこなったりしながら、現場の先生方とも連携して「これからの音楽教育のありかた」についての学びを深めています。3年次にはこれらの活動を通して、自分の研究テーマを見つけます。これらの活動が「どのような意味をもっているのか」「子どもたちにどのような影響を与えているのか」など、実践と理論を結びつけながら研究をすすめていきます。4年次には、3年次に取り組んだ研究を基盤として、卒業論文を作成していきます。ゼミ活動の中で学んだ実践的な研究は、教育・保育現場でも役立てることができます。ひとりでも多くの子どもたちに音楽の楽しさを伝えることのできる教育者・保育者になってほしいと強く願っています。

ゼミ生の声

卒業研究について┃人間科学部人間発達学科人間発達学専攻4年

ICT教育を推進中の地元小学校の教諭を目指して。

将来の夢は、地元・佐賀県で小学校教諭になることです。佐賀県内では、タブレット端末などを活用した「ICT教育」が進められているので、卒業研究テーマに「学習形態に応じたICT活用に関する研究」を選びました。具体的には個別・グループ・一斉学習によって、ICT教材の活用法の違いを学んでいます。講義が楽しいので、もっと勉強したいです。

授業の一例

卒業研究演習 I

卒業研究演習 I

本演習の目標は、保育学・教育学・心理学・社会学等の領域における卒業研究のための基礎的な知識や方法を学び、それぞれの興味や関心のあるテーマを探求することです。


保育内容

保育内容(音楽表現)

幼児期における表現活動およびその指導法を歌・音楽・身体の動きなどを通して、子どもの発達段階に応じて音楽的な側面から考えていきます。授業では表現することの楽しさを学び、指導法を見につけることを目標とします。


学科ニュース

グリーンティーチャー

【グリーンティーチャー】
(小学校・特別支援学校・幼稚園・保育園における実践ボランティア活動)

人間発達学専攻では、教員や保育者に求められる実践力を養成するため、地域の小学校・特別支援学校・幼稚園・保育園などにおける実践ボランティア活動を実施しています。先生のそばで子どもたちの指導や教材準備などを実際に行い、実践力のある教員や保育者を育成していきます。

子どもまつり

【子どもまつり】

人間発達学専攻の1 年生は、学園祭の時期に地域の子どもたち向けの催しとして、子どもまつりを開催しています。絵本の読み聞かせであるおはなし広場や子どもたちの好奇心をくすぐるダンボールを使った迷路など、子どもたちが喜ぶ企画を準備しています。学生にとっては、子どもたちをどのようにすれば喜ばすことができるのか、主体的に考えて、取り組む良い機会となっています。

年間行事

4月 入学式、新入生学外研修 10月 大学祭(子どもまつり開催)
5月 保育実習(施設) 12月 卒業論文提出、冬期休業
6月 保育実習(施設) 1月 後期成績評価期間
8月 前期成績評価期間、夏期休業 2月 保育実習(保育所)
9月 教育実習 3月 卒業式、謝恩会

ページのトップに戻る

九州女子大学

家政学部
人間生活学科
栄養学科
人間科学部
人間発達学科 人間発達学専攻
人間発達学科 人間基礎学専攻

九州女子短期大学

  • 子ども健康学科
  • 専攻科子ども健康学専攻