九州女子大学|家政学部|人間生活学科

  • 学科紹介トップ
  • カリキュラム
  • 取得免許・資格
  • 就職実績
  • 私の時間割
  • 学科オリジナルブログ

人間生活科Now!人間生活科の様々な情報をお知らせしています。

学科の特徴

学科の特徴img

衣・食・住の学びを地域活動に活かし、
課題発見・解決力を身に付けます。

家政学とは家庭生活に関わる全てを科学する学問です。
人間生活学科はその家政学を、衣・食・住の3つの分野に分けて科学的に学習し、生産技術を習得する学科です。
衣生活分野では人体や素材、設計、生産、消費などについて学び、実際に衣服の製作実習を通じて快適な衣服のあり方を学びます。食生活分野では、食品の調理・加工・栄養・衛生について学び、調理実習などを通じて安全な食品をおいしく健康的に摂取することを学びます。住生活分野では家族とともに快適な生活を送るための安全で快適な環境とは何かを学び、住宅設計やインテリア実習を通じてその環境の作り方を学びます。
そしてこの3つの分野に加え、地域と企業などとの学外活動や教職課程、教育実習などを通して中学・高校の家庭科教員を目指すこともできます。
2年生までは共通で全般的に学び、3年生からは各専門分野でのゼミに分かれてより専門性を高めるカリキュラムによって、生活に関する幅広い領域を学習し、多様な資格が取得でき、卒業後の進路の可能性が広がる学科です。

学習内容

個々の目的に合わせた柔軟なカリキュラム。

人間生活学科では衣生活・食生活・住生活・家族関係・生活経営・消費生活・生活情報といった幅広い角度からアプローチし、安全で安心、そして、より快適な生活を創造し、実社会で活躍しうる知識と技能を学びます。個性に応じた柔軟なカリキュラムを整えており、自分の関心のある分野をより深く学ぶことによって、衣食に強い即戦力を身に付けた家庭科教員、実務経験なしでの二級建築士受験資格の取得、その他、複数の資格が取得できるようになっています。また、学外での地域活動を通して、社会人基礎力を養います。

  1年生 2年生 3年生 4年生
学び ・大学生活への適応
・基礎知識の習得
・専門知識と技能の習得、向上 ⇒ 専門分野の集大成
・地域活動/交流/貢献(ボランティア、企業等との学外活動)
・対人関係力や社会的態度の育成
キャリア ・自己理解と発見
・目標の設定
・各種資格の取得
・将来の希望に沿った個別対応
・就職活動
・教員採用試験
・公務員試験
・進学 等

専門分野の集大成

住宅のエキスパートを目指し、2年間専門分野の研究・実習に取り組む。

創造するクリエイティブな活動を行なうゼミ

人間生活学科 前田ゼミ 前田 修吾

住宅の研究には、幅広い知識と何よりも好奇心が必要です。人間の生活に直接関係する住宅は、数学や科学では割り切れない人の営みにあふれていて、この分野で必要なのは、衣食住と人を知る事です。もちろん、専門知識は不可欠で多少難解な部分が有るのはやむを得ません。人の命と財産に係ることですから。
私のゼミでは、各自の好奇心と自主性を重んじて、やりたい事や気になる事を、学問の世界にまで研ぎすましてゆく活動をしています。現在は、若松区の古い住宅街の活性化とリノベーションに取り組んでいますが、そこでも必要なのは、若い学生達の発想力やアイデア、提案力、チームワークです。「創造するクリエイティブな活動」が、私のゼミの目標とする所です。
http://www.front5.netで研究室の活動を紹介していますので、是非訪ねてみてください。

ゼミ生の声

卒業研究について┃家政学部人間生活学科3年

街を活性化させるには!?産官民学連携企画に参加。

「若松区中川町の活性化プロジェクト」を卒業研究のテーマにしています。これは、北九州市と本学、民間団体の「ワカマツグラシ」が連携し、中川町の活性化策を進めようというもの。会議に参加したり、地元の人々との交流も図っています。将来はインテリアコーディネーターや2級建築士の資格を取り、それを活かせる職業を考えています。

授業の一例

インテリア計画演習

インテリア計画演習

快適なインテリア空間を創出する手法を修得することを目標に、インテリアの計画と設計の基礎を学びます。授業風景の写真は、インテリア配色理論を基に、その演習としてインテリア写真からその配色構成を配色パターンとして抽出・分類することでインテリアスタイルと配色の関係を確認している様子です。

キャリアデザインIV

キャリアデザインIV

社会人に向けて自分自身を準備する為の科目で、自分を知る事や将来の模索、自己PR の練習などを行っています。2年生では自己PR の練習として、自分が読んだ本を皆に紹介する競技、ビブリオバトルの予選会を行なっています。

調理学実験

調理学実験

主に身近な食品について、調理の過程で起きるさまざまな変化の実験を通して観察し、レポートにまとめることで食品の特性や調理性を知ることを目的としています。調理の実践や家庭科教員になった時に、役に立つような基本的理論や考え方の習得につながる授業を行っています。

被服構成学実習 II

被服構成学実習 II

台衿つきシャツカラーのブラウスの製作を通して、衿つけ・袖つけ・カフスつけなどの上衣特有の縫製技法を学びます。自分の採寸値をもとに原型を作成し、仮縫い・試着補正によって、世界に1 着しかない、自分の体型にピッタリと合ったブラウスに仕上げます。

学科ニュース

若松区中川町地域活性化プロジェクト

【若松区中川町地域活性化プロジェクト】

北九州市産業経済局との協賛で、若松区中川町の一部地域で、町の活性化計画を実行中です。住分野のゼミが主体となって、古い住宅の再利用計画の提案をしています。また、若松ご当地グルメの「ぺったん焼き」の新メニューの考案、イベントへの参加を通して、地域と連携したまちおこしに学科全体で協力しています。

学科菜園

【学科菜園】

大学教育の質の向上への一体的な取り組みとして、学外活動を盛んに行っています。今年度は畑活動を始めることにしました。栽培・収穫・調理・実食・堆肥作成という一貫した活動を通して食育、命の教育、環境教育、有機栽培の実体験を行うことを目的としています。収穫は学科生のみならず、関連幼稚園や地域の方と一緒に行い、地域交流や食育活動につなげようとしています。

年間行事

4月 入学式、新入生学外研修 10月 大学祭
5月 中学校・高校教育実習 12月 家政学研究会、卒業研究提出、冬期休業
6月 家政学研究会総会及び講演会 1月 卒業研究発表会、後期成績評価期間
8月 前期成績評価期間、夏期休業 3月 卒業式、謝恩会

ページのトップに戻る

九州女子大学

家政学部
人間生活学科
栄養学科
人間科学部
人間発達学科 人間発達学専攻
人間発達学科 人間基礎学専攻

九州女子短期大学

  • 子ども健康学科
  • 専攻科子ども健康学専攻