九州女子大学|家政学部|栄養学科

  • 学科紹介トップ
  • カリキュラム
  • 取得免許・資格
  • 就職実績
  • 卒業生メッセージ
  • 学科オリジナルブログ

栄養学科Now!栄養学科の様々な情報をお知らせしています。

学科の特徴

卒業と同時に栄養士の免許とともに、管理栄養士国家試験の受験資格が取得できる「栄養学科」。第35回(2021年)管理栄養士国家試験では、現役75名が合格(受験者79名)。

100%に近い合格率を支えるのは、独自の学習システムと徹底したフォロー体制です。

学びのポイント

取得可能な免許・資格

進路データ

私と九女

小さい頃から食べることや料理が好きで、そのことを活かせる管理栄養士を目指して九女を選びました。座学のみではなく専門的な授業が多い一方で、「実践調理学実習」では料理の基礎はもちろん応用的なことも学べるため、日ごろ料理を作る時にも役立ちます。お正月料理や中華料理など、その時期に沿ったテーマの献立もあり、班の人たちと協力して作ることで支え合いながら学べます。また、図書館など自主的に勉強できる設備も整っています。

学術トピックス

水巻町と災害食レシピの開発

水巻町との地域連携事業として、水巻町が備蓄しているアルファ化米や缶詰などを使ってカセットコンロ1つで調理できる「災害食レシピの開発」を行い、防災フェアで試食提供するなど広くPRしました。こうした一連の実績が認められ、令和元年度福岡県防災賞「選考委員会奨励賞」を受賞しました。

「パッククッキング講座」を開催

学生が講師となり水巻町町民を対象に「パッククッキング講座」を開催。ライフラインが途絶えた災害時にポリ袋を使って温かい料理が作れる調理法を講習しました。1つの鍋で主食からデザートまで調理でき、時短も可能。温かい料理の有り難さと美味しさを伝え、防災意識の向上にもつながりました。

名産品「でかにんにく」
レシピ開発

水巻町との包括的地域連携協定に基づき、水巻町の名産品である「でかにんにく」の消費普及拡大を目指して、学校給食にも導入できるメニュー開発を行いました。実用化に向けて各小中学校の給食調理員を対象とした調理講習会も行い、一部のレシピが給食として提供される方向へと進んでいます。

伝統の「九女復刻」が
復活

九女の家政学部で35年前に授業などで使っていた伝統のカレーレシピを栄養学科が引き継ぎ、ゼミ生を中心とした開発チームで復活させました。さらに(株)はかた本舗と産学連携してレトルト化に着手。国産食材と11種類のスパイス、低カロリーで栄養バランスにも優れた商品として販売されています。

味の素(株)と「減塩レシピ」を開発

減塩で健康生活を目指す味の素(株)と包括的連携協定を締結。九州全域の幅広い生活者の健康維持と高血圧予防を図るため、少ない手順や材料で15分以内に手軽に作れる「減塩レシピ」を開発しました。検証を重ねた10品のレシピはリーフレット化されスーパーやドラッグストアなどに設置されます。

ベトナムとグローバルな交流協定

2019年には、ベトナム国立栄養研究所およびナムディン看護大学と学術・教育交流協定を締結。両国の国民の生活習慣病予防や健康寿命の延伸に寄与することを目指し、臨床栄養を中心とした国際栄養に関わる実績や技術を、ベトナムでの教育支援や研究協力に活かす取り組みを行っています。

ページのトップに戻る

九州女子大学

家政学部
人間生活学科
栄養学科
人間科学部
人間発達学科 人間発達学専攻
人間発達学科 人間基礎学専攻

九州女子短期大学

  • 子ども健康学科
  • 専攻科子ども健康学専攻
資料請求