九州女子大学|家政学部|人間生活学科

  • 学科紹介トップ
  • カリキュラム
  • 取得免許・資格
  • 就職実績
  • 卒業生メッセージ
  • 学科オリジナルブログ

卒業生メッセージ

高校生の時に「家庭科の先生になる」と決意して、家庭科の教員免許が取得できる九女を選びました。今でも印象に残っているのは、人間生活学科の先生が私に足りないものをキーワードとして教えてくださったこと。その時いただいた「優先順位とテキパキ」という言葉を、今でも忘れず仕事をするようにしています。大学生活でがんばったことは、1年生から3年生まで関わった衣環境研究会の活動。自分で作った服を自分で着て、大学祭のファッションショーで披露するという活動を重ねる中で、ミシンの使い方もよくわかっていなかった私が、ドレスを作るまで技能を高めることができました。この経験が今の家庭科の授業づくりにも活かされています。

今は中学校で家庭科指導のほか、担任も受け持っています。生徒たちが「わかった」「できた」と瞳を輝かせる瞬間に立ち会えることがやりがい。まつり縫いやスナップ付けなど基本的な縫い方を練習して、上達していく姿を見ると嬉しくなります。社会人になって、ともに働く同僚や、生徒とその保護者などさまざまな考え方をもった人がいることを知り、相手の立場になって考える大切さや、伝える言葉の選び方にも気を配るようになりました。これからも感謝と謙虚さを忘れずに、そして仕事もプライベートも大切にできるワークライフバランスのとれた社会人を目指したいと思っています。

卒業後活躍できるフィールド

家庭科教諭(中学校・高等学校)   公務員
アパレルメーカー   外食産業、菓子メーカー、クッキングスタジオ
設計事務所、住宅産業、インテリア産業     金融、保険、運輸、情報関連
         

ページのトップに戻る

九州女子大学

家政学部
人間生活学科
栄養学科
人間科学部
人間発達学科 人間発達学専攻
人間発達学科 人間基礎学専攻

九州女子短期大学

  • 子ども健康学科
  • 専攻科こども健康学専攻
資料請求