九州女子短期大学|専攻科 子ども健康学専攻

  • 学科紹介トップ
  • カリキュラム
  • 取得免許・資格
  • 就職実績
  • 私の時間割
  • 学科オリジナルブログ

専攻科Now!専攻科の様々な情報をお知らせしています。

学科の特徴

社会のニーズに即応できるレベルの高い養護教諭を目指して

現代の子ども達の抱える心身の健康問題に対応するため、教育現場では養護教諭の役割がこれまで以上に重要になってきています。本学専攻科では、子どもの発達段階を踏まえて心と体の両面から健康支援ができる人材を育成します。さらに文部科学省所管独立行政法人 大学改革支援・学位授与機構に学修成果(レポート)を提出し試験審査に合格すれば、学士(教育学)の学位を取得することができます。この学位の取得により養護教諭1種の取得が可能となります。

学習内容

具体的な実践例をとおして学ぶ

専攻科では、学校現場や臨床の経験が豊富な教員による講義や演習・実習をとおして実践的に学びます。基礎教育のリピート学習にもとづいて、総合的な学び、さらに専門的知識や技術、研究を深めます。また、教員採用試験対策講座も充実させ、少人数制の利点を生かし、きめ細かな勉学と研究の支援を行います。

学習内容img

専門分野の集大成

養護教諭領域について多角的にアプローチ

自ら考え行動することによって得られる「大切な学び」

指導担当教員 橋口 文香

本研究室では、養護教諭関係領域または健康相談において各自設定した研究テーマに基づいて調査研究活動を行います。研究では、多様化・複雑化している児童生徒の健康課題に着目し、1年次は資料やデータから背景・目的・研究手法を学び分析した後、研究をデザインします。2年次は、実際に調査研究を展開し論文としてまとめます。
最近の研究テーマは、養護教諭観に関する研究、児童の来室時行動における養護教諭の判断・対応に関する研究、保健室登校に関する研究、携帯電話と生活習慣に関する研究及びストレスコーピングに関する研究などです。

ゼミ生の声

九州女子短期大学 専攻科子ども健康学専攻 2年

生涯にわたる子どもの健康教育とは。

「ストレスコーピングの研究」がテーマです。メンタルヘルスなどの現代的な健康課題の複雑化により、養護教諭の健康相談が重要となっています。養護教諭が行う健康相談だけではなく、子どもが自らストレスなどの健康課題をとらえ、どう対処するかが必要と考えています。私は研究を通し、効果的な健康教育法を模索しています。

授業の一例

医科学特別講座

医科学特別講座

養護教諭として必要な医学的知識を学びます。人の体の構造や機能などの理解を深めるために、実験実習を通して保健指導の能力向上を図っています。

修了研究

修了研究

1年次前期から、情報リテラシーや論文の書き方など研究に必要な知識を学びます。1年後期には各自の研究テーマに添った研究室に配属され、2年次後期まで継続して研究活動を行います。

ページのトップに戻る

九州女子大学

家政学部
人間生活学科
栄養学科
人間科学部
人間発達学科 人間発達学専攻
人間発達学科 人間基礎学専攻

九州女子短期大学

  • 子ども健康学科
  • 子ども健康学専攻科