2017年5月25日

人間生活学科 被服構成学実習Ⅱ ~浴衣の柄合わせ・裁断~

今回は、地直し(水通し・アイロンがけ)を終えた反物の柄合わせ・裁断の様子をお伝えします。

浴衣は一枚の長い「反物」と呼ばれる12m前後からなる布を、そで・身ごろ・衽・えりを自分の寸法に合わせて裁断し、縫製をしていきます。裁断の前に必要なものが、「柄合わせ」です。柄をどのような配置にするのかによって、出来上がりの印象が随分変わり、それぞれの個性が出ます。浴衣の見た目に直結するものですので、かなり重要な作業です!

柄合わせには、浴衣を美しく仕立てるための様々なルールがあります。
まず、和服は左の身ごろを上に重ねて着るため、左胸のあたりに一番目立たせたい柄を配置します。
次が左前身ごろの衽、えり、右肩の後ろというように、浴衣を着た時に見えやすい所に目立つ柄を配置していきます。また、柄の向き・流れ方・柄同士の並び方なども考えなければいけません。

作業中、「左胸の柄を優先するとヒップに大きい柄が並んでしまった!」「好きな柄を選んでいたら、反物が足りなくなった!」等々、さまざまな声が聞こえました。柄の配置によっては若々しく見えたり落ち着いて見えたり、太って見えたり華奢に見えたり...、一筋縄ではいかないのが柄合わせです。
先生によると、和裁の一番の難関と言っても過言ではないそうで、反物によっては柄合わせで半日くらい悩むこともあるそうです。

01 - コピー.jpg02 - コピー.jpg
友だち同士で柄の配置を考えます  反物を整えます

柄の配置が決まった後は、裁ち印をつけ、反物を整え、いよいよ裁断です!

裁断をしてしまったら後戻りはできません。肩の部分など、裁断してはいけない所を裁断しないように、みなさん真剣な表情で作業に取り組んでいました。

幸いにも、「違うところを切ってしまいました!」という声は聞こえませんでしたので、無事にみなさん第一関門を突破したようです。


03 - コピー.jpg04 - コピー.jpg
慎重に...               思い切りも大切...!

05 - コピー.jpg06 - コピー.jpg
ヘラで印をつけています      残布をカットしていきます

次回からは、縫製作業に入っていきます。

試行錯誤を重ねて製作する浴衣。一人ひとり、どのような仕上がりになるのか、これからが楽しみですね!

2017年5月25日

人間基礎学専攻 「心理学概論」の授業紹介

認知は、環境の事物・事象あるいは自己の状態について、さまざまの感覚からとらえ、これらを過去経験と照合し、個に固有な処理形式に従って分析解釈しつつ知識体系の中に取り入れていく問題解決に用いていく過程であります。

今回の授業では、認知の処理法、発達的視点、社会心理学的視点,臨床心理学的視点など様々な視点から学ぶことができました。

ペアを組んで体験をしながら,気づきについて互いに討議しながら楽しく学ぶことができました。

1 - コピー.jpg

2 - コピー.jpg3 - コピー.jpg

2017年5月24日

栄養学科 卒業生がやってきた!!

1.jpg

卒業して、6年が経ちました!
久しぶりに、母校を訪れました。新校舎が綺麗で驚き(*'▽')


写真右:
齊藤 香菜絵さん(福岡県 福岡西陵高校出身)
2012年度卒業
現在の仕事:社会福祉施設 管理栄養士

写真左:
大田 英実さん(広島県 広島女学院高校出身)
2012年度卒業
現在の仕事:産婦人科 管理栄養士


二人から4年生の皆さんへ
「私たちもまだまだ未熟ですが、管理栄養士に合格してからがスタートラインです。
授業やゼミ、就職活動など日々忙しいと思いますが国試に向けて頑張ってください。
同じ目標に向かって、頑張り支えあった仲間は今でも宝物です。
九女で様々なことを学ばせて頂いて本当に良かったと思います。」

2017年5月23日

人間生活学科 調理学実習Ⅱ~日本料理(朝食)~

今回は、日本料理の日常食(朝食)をテーマに実習を行いました。

01 - コピー.jpg

献立は、
・白飯
・味噌汁
・だし巻き玉子
・五目ひじき
・大根の皮の即席付け(当座漬け)
・煮干しとかつお節の佃煮 です。

味噌汁は、内臓を取った煮干しで一からだしを取ります。今は、市販で顆粒だしが出回り、とても手軽にだしを取ることが出来ます。しかし、日本に住んでいるからこそ、天然だしの美味しさを知り、自分自身で取ることが出来るようになってほしいと思います。

特に、将来、家庭科教員を目指している学生さんはしっかり基礎を身に付けておくと良いでしょう。


02 - コピー.jpg
学生が作っただし巻き玉子

だし巻き玉子は、1人2個ずつ卵を使用し、だし巻き玉子を1本作りました。焼き目が付かず、綺麗な黄色に作れるように、また、真ん中に空洞ができないようにと悪戦苦闘していましたが、とても上手に作っていました。まきすを使い成型し、大葉と大根おろしを添えて上品に盛り付けました。



05 - コピー.jpg調理をする過程で出る野菜の皮やだしがらは、捨てずにひと手間加えると、即席漬けや佃煮ができます。

とても手が込んでいるように思えますが、一つ一つ簡単な料理の基礎です。習得していくと、和食も簡単に作ることができますよ。また、少しの工夫と盛り付け方で料理は上品に見栄え良く仕上がります。

実習Ⅱでは、和食だけでなく洋食や中華、様々な調理を行いますので、学生さんたちには楽しみながら学んでもらいたいと思います♪

2017年5月19日

人間生活学科 被服構成学実習Ⅱ ~浴衣製作がスタートしました!~

今年度より、被服構成学実習Ⅱで浴衣の製作を行うことになりました。和裁士の(ゆき)先生をお招きし、製作を進めています。

それぞれが自分の好みの柄の反物を選び、採寸、柄合わせ、裁断を行い、すべて手縫いで仕立てていきます。

01 - コピー.jpg

初回の授業では和裁で欠かせない道具「指貫」を作るところからスタートしました。

和裁では「運針」とよばれる技法で、長い距離を縫わなければなりません。自分の指にピッタリとあった指貫を使うことで、針が安定し、より縫いやすくなります。

02 - コピー.jpg
自分の指にあった指貫づくり

指貫を作った後は、和裁で必要な道具や浴衣の各部の名称について学びました。

身丈(みたけ)」と「着丈(きたけ)」など、似た言葉でも意味が全く異なるものもあります。普段から和裁に親しむ機会の少ない学生さんは、聞きなれない言葉に少々戸惑う様子も見られましたが、頑張って名称を覚えようとしていました。


その後は皆で「運針」の練習を行いました。

和裁は「運針に始まり、運針に終わる」と言われるように、「運針」が全ての基本です。かけはりとくけ台といった初めて使う道具を駆使し、チャレンジします。

幸先生のお手本を見ながら、見様見真似でやってみますが、なかなか最初は上手くいきません。これも練習あるのみ!和裁士を目指す人でも1年ほどかけて運針の基礎を身につけるそうで、長い道のりです。

03 - コピー.jpg04 - コピー.jpg
かけはりとくけ台         先生のお手本


05 - コピー.jpg
針の持ち方を教わっています

初回は運針の練習までを行い、反物の地直し(水通し・アイロンがけ)が宿題となりました。その次の授業では、地直しをした反物の柄合わせを行いました。その様子はまた次回のブログでお伝えします!