2018年8月10日

栄養学科 授業紹介 ~基礎栄養学Ⅱ~

2018年6月22日(金)3限目:栄養学部2年生(91名)の基礎栄養学Ⅱの授業で、味の素株式会社 上席理事 グローバルコミュニケーション部およびNPO法人うま味インフォメーションセンター理事兼任の 二宮 くみ子先生を講師にお招きし、『アミノ酸の味について~うま味成分のグルタミン酸』をテーマに特別講演を開催しました。

二宮先生は、「アミノ酸の機能研究」や「食品の嗜好と栄養」等の研究業績で国内外に高く評価され、「うま味」の科学的知見と食を繋げる、グローバルうま味コミュニケーションの食育活動に尽力されています。
2015年に開幕されたイタリア・ミラノ国際博覧会に味の素グループはうま味や環境に関する情報提供の支援をし、その後、二宮先生方はイタリアで初となる、うま味のシンポジウムを開催されました。


今回は、最新のご研究を組み込みながら、「うま味」の歴史から分子レベルのアミノ酸の科学的知識まで幅広い情報を学生にわかりやすく説明してくださいました。
「うま味」は甘味、酸味、塩味、苦味に続く、5つ目の基本味として、1908年池田菊苗博士が、昆布に含まれるアミノ酸の一種グルタミン酸塩を「うま味」と名付けたことに始まります。
池田博士の「うま味調味料の発明」そして、「味の素」の商品化は、その後の私たち日本人の食生活を美味しく豊かにしてくれました。


講演会が中盤に差し掛かると、二宮先生の「論より証拠。うま味は頭でよりも実際に体験してもらいましょう。」の一言で、学生たちは、テーブルに準備された試飲・試食セットを待ってましたとばかりに見入りました。
試飲の準備は、わざわざ東京から、石井先生(同理事)、勝田先生(管理栄養士)および稲村先生(栄養士)のご同行のおかげで、9種類の試飲・試食の体験実習が迅速に行われ、学生たちは又とない「うま味」を舌で感じ取る貴重な体験をする機会を得ました。

1.png

2.png

講義後、学生からは、
「実際に試飲・試食を体験して『うま味』の」凄さ、奥深さを知った。」
「『アミノ酸』は様々な味に関わっていることを知った。」
「今回学んだ知識を将来に活かしたい。」等の感想が寄せられました。

講演と実習を通して、新しい知識を得た充実感と共に、大手企業「味の素」の研究者の方から、間近にお話を聞かせて頂いたことに深い感銘が得られたようです。


管理栄養士として、料理を美味しく提供するために「うま味」が重要であることは勿論ですが、「うま味」は唾液や消化酵素の分泌促進、減塩効果や味覚障害改善等、栄養学的にも重要な事を学べた、大変貴重な講演会となりました。

2018年8月10日

人間発達学専攻 スキルアップ講座J(保育教育実践演習)始動!

人間発達学専攻では、1年次生を対象にスキルアップ講座Jという授業があります。
この授業では、「主体的に考え、問題解決に向けて仲間と協力して取り組む」ことを通して、保育者・教育者としての学びを深めることを目的としています。

この授業で行う大きな活動の1つに、大学祭(華秋祭)期間中の学科行事として行われる「子どもまつり」があります。近隣の子どもや保護者に来ていただいて実際に玩具を作ったりゲームやお絵かきをしたりと楽しんでいただく企画です。

この企画では、どのような活動を行うか、どのような準備が必要か、といったことは全て学生のみなさんがグループごとに考え・実行していきます。

1.jpg
活動の考え方、グループワークの進め方について谷口先生が熱く説明をされています!

今年のテーマは「絵本」です。
絵本の世界を楽しむということはどういうことか、絵本からどのような遊びが展開できるのか、夏休みの間に各自がアイディアを練り、後期が始まったらグループごとに検討を行っていきます。
どんな活動が企画されるのか、今からとても楽しみです!

【お知らせ】
今年の華秋祭は11月2(金)~4日(日)で実施されます。
その中で子どもまつりは11月3日(土・祝)がメインの活動日となります。
お誘いあわせの上、お越しください!

2018年8月 9日

専攻科 第2回・第3回 オープンキャンパスを開催

7月21日(土)・22日(日) 今年度2回目・3回目となるオープンキャンパスを開催しました。
連日続く猛暑の中、朝早くから「子ども健康学科」は多くの高校生や保護者の皆様にご参加いただきました。

写真① - コピー.JPG

矢野短期大学部長の挨拶の後、学生による学科紹介・模擬保育・模擬保健授業を行いました。
模擬保育では「手遊び」や「歌遊び」・「パネルシアター」などを見ていただき、模擬保健授業では高校生の皆さんに「包帯の巻き方」や「嗅覚と触覚」についての実験を実際に体験していただきました。

写真② - コピー.JPG写真③ - コピー.JPG

写真④ - コピー.JPG写真⑤ - コピー.JPG

お昼、一日目は学食にてオムライス。
2日目は九州女子大学 栄養学科の学生によるハヤシライス。デザートも大変好評でした。

写真⑥ - コピー.JPG

午後からは学科イベントとして「4コマ漫画づくり」や「保健保健授業」。
2日目には「みんなの疑問を解決 ~実習編」と題して、実習について学生がパワーポイントを使ってわかりやすく説明した後、グループに分かれ語り合う時間を持ちました。
学生達の体験談を高校生の皆さんが真剣な表情で聞いたり、活発に質問も出たり、あっという間に時間となってしまいました。

写真⑦ - コピー.JPG写真⑧ - コピー.JPG

ポスター展示や個別相談にも多くの方にお越しいただきました。
皆さん「子ども健康学科」に興味を持ってくださり、とても充実したオープンキャンパスとなりました。

写真⑨ - コピー.JPG写真⑩ - コピー.JPG

次回のオープンキャンパスは8月26日(日)です。
たくさんのご来場をお待ちしております。

2018年8月 9日

子ども健康学科 第2回・第3回 オープンキャンパスを開催

7月21日(土)・22日(日)
今年度2回目・3回目となるオープンキャンパスを開催しました。
連日続く猛暑の中、朝早くから「子ども健康学科」は多くの高校生や保護者の皆様にご参加いただきました。

写真① - コピー.JPG

矢野短期大学部長の挨拶の後、学生による学科紹介・模擬保育・模擬保健授業を行いました。

模擬保育では「手遊び」や「歌遊び」・「パネルシアター」などを見ていただき、模擬保健授業では高校生の皆さんに「包帯の巻き方」や「嗅覚と触覚」についての実験を実際に体験していただきました。

写真② - コピー.JPG写真③ - コピー.JPG

写真④ - コピー.JPG写真⑤ - コピー.JPG

お昼、一日目は学食にてオムライス。
2日目は九州女子大学 栄養学科の学生によるハヤシライス。デザートも大変好評でした。

写真⑥ - コピー.JPG

午後からは学科イベントとして「4コマ漫画づくり」や「保健保健授業」。
2日目には「みんなの疑問を解決 ~実習編」と題して、実習について学生がパワーポイントを使ってわかりやすく説明した後、グループに分かれ語り合う時間を持ちました。

学生達の体験談を高校生の皆さんが真剣な表情で聞いたり、活発に質問も出たり、あっという間に時間となってしまいました。

写真⑦ - コピー.JPG写真⑧ - コピー.JPG

ポスター展示や個別相談にも多くの方にお越しいただきました。
皆さん「子ども健康学科」に興味を持ってくださり、とても充実したオープンキャンパスとなりました。

写真⑨ - コピー.JPG写真⑩ - コピー.JPG

次回のオープンキャンパスは8月26日(日)です。
たくさんのご来場をお待ちしております。

2018年8月 7日

栄養学科 臨床栄養学実習 ~糖尿病食~

臨床栄養学実習(3 年生前期)では、生活習慣病の予防や治療の病態別の食事療法や調理を学びます。
今回の調理実習は学生が作成した献立を用いて実際に調理をしました。
テーマは糖尿病食です。

糖尿病とは、インスリンを作り出す細胞が壊れてインスリンが分泌できなくなる(1型糖尿病)または、すい臓からのインスリンの分泌や働きが悪くなる(2型糖尿病)疾患です。

糖尿病食は食事として体内に入ってくるブドウ糖の量を制限するため、エネルギー、たんぱく質、糖質をコントロールした献立です。

調理中.png

学生が作った糖尿病食を一部ご紹介します!

メニュー.png

次回は腎臓病食の調理を行う予定です!