2022年1月 6日

公衆栄養学実習~24時間食事思い出し法~

図1.jpg
公衆栄養学実習では、公衆栄養学Ⅰ・Ⅱで学んだ理論を実践することに主眼を置き、実際に行われている公衆栄養活動に沿った演習、実習課題を通して専門的技術・技能を学びます。

今回の授業では、24時間食事思い出し法を用い、二人一組で調査員と対象者となり、前日の食事の聞き取り調査を行いました。調査員は、思い出す手助けとなるツール(写真)を使用し、対象者が摂取した食物の目安量(食パン:6枚切り1枚等)または重量を記録していきます。その後、食品成分表を用いて1日の栄養素等摂取量を計算します。

図2.jpg
この方法は対象者の記憶に依存します。調査の精度を上げるには、調査員の聞き取り技量が求められることを実感したのではないでしょうか。


バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加