2020年12月 3日

臨床アセスメント論実習(3年後期)

図1-2.png
 臨床アセスメント論実習は3年生後期に開講されます。今回はソフト食実習の様子をご紹介致します。
 ソフト食とは、噛んだり飲み込んだりすることが困難な方の為の食事です。 ミキサー食や刻み食と違い、見た目が美しく、食の楽しみを失わないような配慮がされています。またムースのような口当たりで噛みやすく、 嚥下しやすい食事です。
 今回は全班同じメニューでしたが、どの班も丁寧に上手にソフト食を作っていました。
メニュー ≪ 芋粥 ・ 西京焼き ・ エビチリ ・ かぼちゃの煮つけ ・ チキン ≫

図2-2.jpg

図3-2.jpg
 学生は特にエビチリの成形に苦戦していましたが、出来上がりは上々でした。とても美味しく、見た目も綺麗なソフト食が出来ていました。
 常食とは違い、手間がかかる食事ではありますが、こうした学びが管理栄養士の幅につながるのではないでしょうか。日々学んだことを、卒業後も生かせるよう糧にして欲しいです。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加