2020年11月21日

食品学実験Ⅱ~内容紹介~

図1.png
 食品学実験Ⅱは2年後期に開講されます。

 この科目は、管理栄養士国家試験の出題領域の一つである「食べ物と健康」の中でも、特に「食品学」の応用力、実践力を高めることを目的としています。授業内容は、食品成分の定性や定量、各種成分の反応について、原理、操作方法などを学びます。さらに、実験結果に対する考察を行い、各種食品の特性を正確に判断できる資質・能力を育成します。

2-2.jpg

 授業では二人一組の班になり、試薬や分析試料の調製から測定まですべて学生が行います。時には3班合同で試薬調製など行います。その過程を通して、学生は学力の3要素「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」「主体性・多様性・協働性」を身につけます。

3-2.jpg

 実験授業は毎週行われ、当日の実験レポートは翌週授業日に提出します。学生は、日々の努力を怠らず、授業で決められたルールを厳守します。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加