2019年7月19日

調理科学実習(1年前期)

14-1-2.png
今回の授業では肉の調理特性として、①しょうがなどに含まれるたんぱく質分解酵素による肉の軟化効果 ②ハンバーグの副材料(玉ねぎ、パン粉、卵)の役割について実験を行いました。

学生はしょうが汁を使用することで、肉のたんぱく質が分解され、噛み切りやすく、軟らかくなることを確認することができ、その違いに驚いている様子が伺えました!また、ハンバーグにたまねぎを入れないもの、パン粉をいれないもの、卵をいれないものを調理して比較することで、肉汁の保持やまとまりやすさなど、各副材料の役割の大切さを実感したようでした。

14-2-2.png

2019年7月16日

臨床栄養学実習(3年前期)

13-1-2.png
今回の授業では献立作成を行う前に多くの食材のグラム数を理解する必要があるため、野菜や肉・魚など20種類の食材を用い、実習を行いました。
13-2-2.png

計量した食材をまとめ、教員の説明後、学生らでディスカッションを行いました。
13-3-2.png

ほうれん草を茹でることでかさが減少し、白身魚の場合調理前は大きく感じても煮魚にすると縮むため、50gは少ないね、など一人ひとりが気づいたことを意見し合いました。実際にディスカッションが終わった班から、調理を行いました。
13-4-2.png13-5-2.png

各班同じ材料でしたがそれぞれ工夫を行い、様々な料理が出来上がりました!

一生懸命考えて作った料理はとても美味しそうでした☆

今回の授業で学んだことを今後の献立作成に活かして欲しいです!








2019年7月12日

3年生 食品加工学実習

1.png

2019年6月28日

オープンキャンパス~6月15日(土)~

6月15日(土) 令和元年度、第1回目のオープンキャンパスが開催されました。

たくさんの高校生が来場してくださり、保護者の皆様含め誠にありがとうございました。

栄養学科では在学生の司会で始まり、学部長 三宅先生の挨拶に続き、本学部についての説明がありました。九州女子大学家政学部は、栄養学科と人間生活学科があり、各学科の違いや特徴を説明しました。

栄養学科の最大の特徴は管理栄養士国家試験合格にむけてのバックアップ体制がとても充実しているところです。九州女子大学の栄養学科は楽しくしっかりと学べる授業が多くあり、充実した施設環境・カリキュラムも揃っています。オープンキャンパスでの説明で、さらに九州女子大学の強みを知ってもらえたと思います。

1-2.png

2-2.jpg九州女子大学の栄養学科ではソフト食にも力をいれています。ソフト食とは、噛むことや飲み込むことが困難な方のための軟らかく、飲み込みやすい食事です。九州女子大学と三和化学研究所が共同で開発したカタメリンという増粘剤を用いて調理しています。

在学生の3年生の学生がソフト食はどういったものなのか、どうやって作るのかを元気よく説明しました。実際に学生が作ったソフト食も試食していただきました。

3-2.png

メニューは「トマト」「たくあん」「エビチリ」「からあげ」
です。見て・聴いて・舌で感じて...嚥下困難者に対してのソフト食の必要性を感じることが出来たのではないでしょうか。

昼食は栄養学科で振る舞いました。栄養学科では大量調理なども授業で学びますが、オープンキャンパスでは、実際に学生が学んだことを活かして昼食を作りました。メニューは「栄養学科特製!九女復刻カレー」芦屋町と連携して開発したさわらソーセージサラダ」「黒蜜ブラマンジェ」です。高校生の方、保護者の方、皆様からたくさんの美味しいというお言葉をいただきました。

栄養学科特製ランチは7月20日(土)・8月25日(日)にも振舞います。特製ランチが少しでも気になっている方は、是非この日をチャンスに足を運んでみてください。

オープンキャンパスは7月21日(日)・9月21日(土)・11月3日(日)※大学祭と同時開催 にも開催されます。ソフト食や特製ランチ以外にも、様々な企画を考えて待っています。これをご覧になっている皆様も、是非何回でも九州女子大学へお越しください!

4-2.png

2019年6月24日

給食管理実習Ⅰ

2.png

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加