2020年10月19日

人間生活学科 アパレルCAD演習・被服構成学実習Ⅱ ブラウス製作

被服構成学実習Ⅱでは、3年生がパフスリーブブラウスを製作します。
この実習はアパレルCAD演習から始まります。
身体の採寸を行った後に、CADというパソコンソフトを使用して、型紙(パターン)を作図します。
型紙を作成したら、それを用いて仮縫い、試着補正等を行いブラウス製作していきます。

今年は新型コロナウイルスの影響により、対面授業が7月から始まりました。
例年は4か月かけて製作するところが2か月半という短期間での製作となり、学生は「大変!」や「終わるか不安」など心配をしていましたが、一生懸命に取り組んでいたため、短期間でもしっかりと作り上げることができました!

最終回の授業では、完成したブラウスを着用して撮影会を行います。
系統の異なる2パターンでコーディネートとポージングを考えて撮影します。
披露したコーディネートの中から、1人3つまで「好きなスタイリング」を選んでもらいました。
今回は投票数が多かった2名のスタイリングをご紹介します!!

図1-2.png

図2-2.png

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加