2018年10月 1日

被服構成学実習Ⅱ ブラウス製作ファッションショー

3年生の被服構成学実習Ⅱでは、授業の最終回に撮影会を行います。
自分で製作したブラウスを用い、コーディネートとポージングを2パターン考え披露しました。
学生たちは、コーディネートに使用する小物や衣装を揃え、なかなか慣れないポージングにも挑戦し、自分が考えたスタイリングになりきってとても楽しそうにしていました。
ここで、3名の学生にブラウスを作成して、撮影会を行っての感想を聞きました!


CAD演習から完成までの道のりはとても長いと思いましたが、終わってみるとあっという間でした。元々の経験も少なく、スカート製作以来の製作実習だったので不安ばかりでしたが、先生や友人に助けられ楽しく実習を終えることができました。
市松模様の上にお相撲さんがいる、とても派手な柄の生地を選んだので、コーディネートを考えるのは難しかったです。
対極な雰囲気で普段の自分とは違った自分を楽しむことができました。
(I・Rさん 熊本県 秀岳館高校出身)

01 - コピー.jpg02 - コピー.jpg

写真左)テーマ①
"夏の巡業を誘致するための営業"

写真右)テーマ②
"今宵も朝まで踊るスタイル"


私は今までにブラウスを製作したことはありましたが、今回製作したブラウスは衿や袖口など難しい部分が多く、苦戦しました。
しかし、先生の丁寧な指導や友人と共に支えあうことにより、自分にぴったりのサイズのブラウスを作り上げることができました。
また、ボタンホールを手縫いで作るという作業は大変でしたが、とても貴重な体験をすることができたと思います。
(Y・Mさん 鹿児島県 鹿屋女子高校出身)

03 - コピー.jpg04 - コピー.jpg

写真左)テーマ①
"オーストラリアのファームで働く人"

写真右)テーマ②
"昭和レトロ"


2年生の時に行ったセミタイトスカート製作で、何度もやり直しを行うなどとても大変だったので、今回のブラウス製作は不安でいっぱいでした。
しかし、一つ一つ手順をしっかりと踏んで、丁寧に作業を行ううちに徐々に形になっていき、パーツが形になっていくのがとても嬉しかったです。
授業を通して、普段着ている洋服もこうして作られていると思うと、作る人の大変さやありがたみを知ることができました。
(N・Aさん)

05 - コピー.jpg06 - コピー.jpg

写真左)テーマ①
"カメラ女子"

写真右)テーマ②
"大人の女子会"


細かい作業や難しい点は何度もやり直したり、思うように進まなかったりと製作には授業外の時間も費やして完成しました。
学生一人一人が頑張った成果です。コーディネートも自分が製作したブラウスを活かし、なりきって楽しく写真撮影を行いました。
被服構成学実習では、自分で黙々と作業する、期日までに課題を終わらせる、人に伝える、自分の作品を活かして魅せる。
他にも多くのことを学び、この授業では様々な力が身に付くと思います。

後期では、3年生が浴衣製作、2年生がセミタイトスカート製作を行いますので、随時報告を行います!
楽しみにしていてくださいね♪

07 - コピー.jpg

08 - コピー.jpg

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加