2017年7月16日

人間生活学科 調理学実習Ⅱ「梅しごと」

人間生活学科、毎年恒例の「梅しごと」の季節になりました。
熟した梅は、果肉が柔らかくとても傷つきやすいため、衛生面に気を付けて作業を行います。

01 - コピー.jpg02 - コピー.jpg

水洗いし、一つ一つ丁寧に水気を拭きとります。その後、爪楊枝でなり口を取る作業を行い、塩をまぶした梅を瓶に入れていきます。


03 - コピー.jpg04 - コピー.jpg
▲塩をまぶして瓶詰した直後の梅   ▲一週間後、梅酢が出てきた梅


05 - コピー.jpg06 - コピー.jpg

07 - コピー.jpg

梅干しの色を出すためには赤シソを使います。一枚一枚きれいな赤シソをちぎり、葉に着いた砂やごみを取り除き、梅と同様に一枚一枚水気を拭きとります。

08 - コピー.jpg09 - コピー.jpg

赤シソに塩をまぶし、アクを抜く作業を行います。よく塩となじませ、アクが出るまで揉むと、紫色のアク汁が出てきます。

10 - コピー.jpg11 - コピー.jpg

12 - コピー.jpg

赤シソに梅酢を加えると、とてもきれいな赤い梅酢ができます。
赤い梅酢で、手も真っ赤!!


13 - コピー.jpg14 - コピー.jpg

赤シソを入れてすぐの梅は黄色でしたが、2週間後には少しずつ赤く染まってきました。
食べごろは、もう少し先ですが出来上がるのが楽しみです♪


15 - コピー.jpg16 - コピー.jpg17 - コピー.jpg

他にも、梅シロップ、梅蜜シロップ、オレンジサワー、パインサワーも作りました。
後日、水や炭酸と割っていただきます!こちらも出来上がるのが楽しみです♪

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加