2016年5月19日

人間生活学科 染色加工学実験 ~紅茶染めにチャレンジ!~

5月6日(金)、染色加工学実験の授業で、3年生が絞り染めを行いました。
今回は、風呂敷サイズの大きな木綿布に絞りを施し、紅茶を使った天然染色にチャレンジしました。

h28seikatsu051301.jpg
よく染まりますように!
まず、染める前の準備として、布をよく洗い、下処理をしていきます。
今回は、下処理に豆乳を使用しました。天然染色では、木綿布は染まりにくい性質がありますが、豆乳(タンパク質)に浸たすことで、染料が布と結びつきやすくなり、染まりやすくなります。


続いて、沸騰したお湯の中に紅茶パックを入れて、染液を作ります。
沢山の紅茶パックを煮出したので、実験室は、紅茶の良い香りでいっぱいになりました。
染液が完成すると、いよいよ布を染めていきます!

h28seikatsu051302.jpg h28seikatsu051303.jpg
   紅茶を煮出しています        布を染めていきます 

染色と媒染(色を定着させる処理)を2回繰り返し、脱水をすると紅茶染めの完成です!
今回は、2度目の染色とあって、みなさん、絞り方にかなり上達が見られました!紅茶染めは、化学染料で染めるのとは違い、植物本来のやさしい色合いに仕上がります。
素敵な風呂敷作品が完成しました!

h28seikatsu051304.jpg h28seikatsu051305.jpg
h28seikatsu051306.jpg h28seikatsu051307.jpg
            力作が完成しました!



バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加