2016年3月 9日

人間生活学科 新・ぺったんお披露目会

2月28日(日)、若松区中川町で開催された「3rd 壁塗りと若松エリアの再生構想」の中で、「新・ぺったんのお披露目会」を人間生活学科の3年生がぺったん若松焼き隊と共に行いました。
北九州市役所産業経済局が後援している「町おこし」事業における、その他の活動です。若松ご当地グルメの「ぺったん」を、女子大生ならではの発想で「新・ぺったん」を開発しました。

h27seikatsu030901.jpg  h27seikatsu030902.jpg
      とまったん              かぼったん
6月に行われた「ぺったん焼き総会」に参加してから、試作と試食を繰り返し、レシピを完成させるのに4ヶ月かかりました。まずは、10月末に九州女子大学の学園祭で販売し、手応えをつかみました。
今回はいよいよ、若松の皆さんに食べてもらうという運びでした。ぺったん若松焼き隊の方々と協力して作りました。熱々の出来立てを地域の方々へレシピと共に無料配布し、口々に「美味しい!」と言って貰いました。

h27seikatsu030903.jpg  h27seikatsu030904.jpg
    「がんばっとるね」          「うまい!」

視察に来られた北橋市長にも2種召し上がって頂いたところ、特に南瓜のスイーツ系ぺったんを気に入られたようでした。

h27seikatsu030905.jpg  h27seikatsu030906.jpg
  「もう焼くのはお手の物!」    北橋市長と!緊張しました

トマトを使った「おかず系ぺったん」を好む方、南瓜を使った「スイーツ系ぺったん」を好む方、両方好む方とさまざまでしたが、瞬く間に準備していた100食はなくなりました。どちらも若松特産のトマトや南瓜等の野菜をふんだんに使っており、本当に美味しいぺったんでした♪

今後は更なるレシピの改良を目指し、ぺったんMAPを作成し、この若松の再活性化に向けた活動を続けていきたいと考えています。

※今回の様子について、平成28年3月1日(火)西日本新聞の北九州版に掲載されました。
h27seikatsu030907.jpg

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加