2014年9月 8日

人間生活学科で取得可能な資格を紹介します
―商業施設士補―

 人間生活学科では、所定の単位を修得し、講習を受講すると、商業施設士補の資格を取得することができます。今回は商業施設士補の資格について、卒業生の太田さんに教えてもらいました。 H26seikatsu_090801.jpg
『住居管理学演習・模型づくりの様子』

商業施設士補とは、どんな(何ができる)資格ですか。

A.商業施設士補の資格は、商業施設の企画・設計・デザイン・監理等関する知識を有していることを証した資格制度です。資格取得については、公益社団法人商業施設技術団体連合会が認める学校・課程(=「認定校」)の学生(卒業生含む)で、商業施設士補資格講習会を受講し、修了考査に合格することで資格が取得できます。この資格を取得すれば、商業施設士資格試験での学科試験が免除できます。


なぜ商業施設士補の資格を取得しようと思いましたか。


A.大学在籍中は住環境を主に専攻していました。就職活動では、はじめは住宅建築関係の企業を中心に志望していました。卒業研究で公共施設について調べていくうちに、商業施設にも興味を持つようになりました。地域環境やお客さま層、社会のニーズなどに合わせてデザインされる商業施設に魅力を感じ、この資格を取りたいと思いました。また、九州女子大学家政学部人間生活学科はこの資格を取得するための認定校でもあるので、商業施設士の試験には有利です。


資格を取得するために、どのように勉強しましたか。

A.商業施設士補は、講習会を受講し修了考査に合格すれば資格取得できます。特別な勉強はしていません。修了考査も合格率は高く、講習会内容をしっかり頭に入れておけば合格できます。


資格を取得して、あるいは勉強して良かったと思うことや、資格取得を通して自分が成長できたと思うことを教えてください。

A.これから商業施設士の資格を取得しようと思っているので、まずはそれに向けて勉強中です。成長したという実感はありませんが、休みの日にショッピングでお店に行ったりすると、店内設備やディスプレイなどに目を向けるようになりました。


現在、この資格は仕事においてどのように活かされていますか。


A.現在の仕事では現場研修としてお店のスタッフとして働いています。多くのお客さまを引き寄せる為にどれだけ魅力のある店舗づくりを行うか考え、店内装飾の工夫を行っています。商業施設士の資格を取得して、いつか自分で運営管理システムや店舗の構成・デザインなどを総合的に計画し、商業施設の専門のプロとして新規店舗企画・開発の仕事に携わりたいと考えています。
 

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加