2009年12月17日

アウト キャンパス スタディ in 北海道2009 レポートVol.5

 今回は研修の終盤に行ったワークショップと「北の学び」の報告会について、山﨑さんがレポートしてくれます。人間生活学科では快適で豊かなライフスタイルを追求するために、3・4年生になると家族・生活経営、衣環境、食生活、居住環境、生活工学・情報の5つの領域に分かれて、専門性を深めていきます。このワークショップと報告会では彼女たちの日々の学びが十分発揮されました。では、どうぞ。


 前回に引き続き、vol.5を担当する人間生活学科3年の山﨑です。今回はワークショップと「北の学び」の報告会の模様についてお伝えしたいと思います☆

【ワークショップ】
 9月12日の午前には厚沢部町役場の職員の方々と家族・生活経営、食生活、衣環境、歯科の各領域に分かれて、ワークショップを行いました。実際にホームステイしてみて感じたことや、意識調査をしてわかったことを踏まえ、職員の方々に厚沢部町の状況について質問したり、意見をいただきました。
 午後からは翌日の報告会のために内容をまとめ、中間発表を行いました。なかなか話がまとまらず、宿泊施設に帰ってからも深夜3時まで起きて、まとめている領域もありました。
 

seikatu21.12.17.1.JPG seikatu21.12.17.2.JPG
みんな真剣です
 
どんな提案ができるかな?
 
seikatu21.12.17.3.JPGseikatu21.12.17.4.JPG
パワーポイントでスライド作成中…中間発表のようす


【「北の学び」の報告会2009】
 9月13日のコラボバザーに続いて、16時から“あゆみ”で報告会も行われ、ホームステイ先のお父さんやお母さん、厚沢部町の方々がこちらにも来てくださいました。みなさんが私たちの研修に興味を持ってくださっていることがとても伝わりました。

 第1部は、学生と厚沢部町の職人の方々とのコラボについての発表です。
 染色コラボのファッションショーから始まり、中華・スイーツ・パンのコラボ商品について、そして、道の駅の新たな用途を提案しました。
 ファッションショーでは、サプライズとして町長さんに黒豆で染色したアロハシャツをプレゼントしました( *´∀`)
 

 seikatu21.12.17.5.JPGseikatu21.12.17.6.jpg 
町長さんには内緒でした♪スイーツコラボの発表

 第2部は、ワークショップの成果についての報告です。
 家族・生活経営領域からは、生活を豊かにするためのサポートの提案、食生活領域からは、より良い食生活にするためのアドバイス、衣環境領域からは、農作業を快適・安全・効率的に行うための作業着提案、また、歯科領域として厚沢部町民の歯科衛生状況について九州歯科大のみなさんによる報告が行われました。
 
seikatu21.12.17.7.JPGseikatu21.12.17.8.JPG
歯科領域の報告質問が飛び交いました

 第3部は、まとめのセッションとして、町長さんや商工会長さん、観光協会長さんなどから今回の報告会についての言葉をいただき、前向きに検討してくださるということでした。
 
seikatu21.12.17.9.JPGseikatu21.12.17.10.JPG

 今回でレポートは最後となります。いかがでしたか?\(・∀・)
 厚沢部研修も今年で2回目ということで、昨年好評だったコラボをレベルアップさせた『職人の方々とのコラボ』という新たな取り組みを行いました。そのため、昨年以上にハードだったと言われているのですが、その分とても充実した研修でした。この研修で得たものは学生それぞれで違いましたが、私が得たのは、『協力することの難しさ』『挫けそうになっても諦めない強さ』でした。このような貴重な研修に参加できたことをとてもうれしく思います。本当にありがとうございました。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加