2018年11月 2日

人間生活学科 初期消火訓練を行いました

10月29日に、人間生活学科と栄養学科合同の火災に備えた初期消火訓練が行われました。

「初期消火」とは、出火の初期段階で近くにいる人が応急的に消火作業を行うことです。消火器などを使って炎が小さいうちに消火をすることで、被害を最小限に抑えることができます。(炎が自分の背丈以上になったら初期消火はできません)

当日は、両学科の調理学実習を担当する教員、助手と有志の学生が参加しました。

九電工の方に来ていただき、火災が起きた時の対処法や消火器の正しい使い方を教えていただきました。

01 - コピー.JPG

02 - コピー.JPG


消火器での消火は、油調理での火災や静電気などで発生した火災にも対応できるとのことで、水で消火すると危険を伴う火災に適しているそうです。

火事が起きた時にはとっさに水をかけてしまいそうですが、油はねによる火傷や静電気での感電などが起きることがあるため、消火器で消火するのが最も良いそうです。

消火器の放射距離は3~6mで、1本あたり15秒くらい放射ができます。しっかりとホースの先端を持ち、炎の先ではなく、火元をねらいます。5mくらいの位置から少しずつ近づき、左右に動かしながら消火をします。

初期消火が失敗した場合に備えて、必ず逃げ道を確保した上で消火器を使うようにと説明がありました。また、油調理による火災などでは、消火器に放射威力があるため、油はねをしないように壁などに当ててから火元に落とすようにと教えていただきました。


03 - コピー.JPG

04 - コピー.JPG

重たい消火器の使用はなかなか難しかったですが、今回の訓練を通して正しい使用方法を学び、実際の使用感を知る事ができたことはとても有意義だったと思います。


最後に、女性にも使用しやすいものとして、スプレー式の消火器もご紹介いただきました。

        05.png

学生たちは調理学実習などで火を使ったりする機会も多いですが、日頃から安全な実習を行うともに、もしもの時に備えて、正しい初期消火の方法を身につけ、落ち着いて行動ができるように心がけていきたいと思います。

2018年10月31日

人間生活学科 *第58回 華秋祭が開催されます!*

11月2日(金)・11月3日(土)・11月4日(日)の3日間、九州女子大学の大学祭である「華秋祭」が開催されます。

今年度は、これまでにない新しい企画として、11月3日(土)にオープンキャンパスも同時開催いたします。
学科・入試相談ブースも設置していますので、大学生活について気になることをいつでもご相談ください♪


第58回 華秋祭のテーマは「瞬」です。ステージや模擬店など各学科の特色を活かしたさまざまな企画が盛りだくさんです!

人間生活学科でも学科特別企画として「合馬たけのこ味噌焼きおにぎりの販売」、「Tシャツコレクション」、「Dressコレクション」を企画し、皆さまのご来場をお待ちしています!


11月3日(土)11:00~15:00
模擬店ブース

02 - コピー.JPG

2016年度、きすみゼミでは、産学連携商品として地元企業である丸ふじとYKSTORESと一緒に「トマトふりかけ(トマふり)」を共同開発しました。
この商品に引き続き、第2弾として開発されたのが、「合馬たけのこ味噌」です。
昨年の北九州FUNRUNでは、この商品を使った「合馬たけのこ味噌おにぎり」の販売も行い、大好評でした。
華秋祭では、「焼きおにぎり」にして販売し、皆さんにお披露目します♪
風味豊かな焼きおにぎりをぜひ、ご堪能ください♪

模擬店ブースでは、他にも1年生が「たこせん」、2年生が「ポップコーン」、4年生が「チャーハン(野菜・高菜)」を販売していますので、ぜひお立ち寄りください♪


Tシャツコレクション
 「未来~KITAKYUSHUをファッションのまちへ~」

11月3日(土)14:30~15:00 
メインステージ 

    03 - コピー.JPG
               
昨年度の様子

Dressコレクション
 「~憧れの女性~」

11月4日(日)14:00~14:45
メインステージ
 
    04 - コピー.JPG
         
      昨年度の様子

衣環境研究会の1~3年生までのメンバーがテーマに合わせて制作したドレス、Tシャツを自分自身で着用し、ファッションショー形式で発表します。3日はTシャツコレクション、4日はDressコレクションを行います。

今年も学生のアイディア、想いがつまった素敵な作品が勢ぞろいしています。
キラキラとした学生の姿、一瞬一瞬をお見逃しのないよう、ご覧ください♪

ぜひお越しくださいね!

2018年10月30日

人間生活学科 ビブリオバトル学内予選会が行われました!

10月20日に弘明館50周年記念ホールにて、ビブリオバトル学内予選会が行われました。
人間生活学科の2年生8名と、人間科学部の留学生1名が参戦しました。
予選会は2部構成で行われ、それぞれ1名ずつチャンプ本を決定いたしました。

01 - コピー.jpg

ビブリオバトルは、日本全国で行われている本の紹介コミュニケーションゲームです。

発表者が読んで面白いと思った本を紹介し、誰の発表による本が一番読みたくなったかを会場に集まった参加者全員で決めます。
全国大会も開催されており、全国大会出場のためには、学内での予選会で勝利し、その後、九州地区の予選と決戦に勝ち進まなければなりません。今回の決戦も、そのための学内予選会です。

人間生活学科では、このバトルに参戦して5年目になります。
一昨年から学科全員の前で発表し、九州地区の予選に出場する学生を選出しています。

本の紹介は5分間。
発表後、3分間のディスカッションタイムがあり、全員の発表が終わったら、どの本が一番読みたくなったかを基準に、観客全員が一票ずつ投票します。

発表時はレジュメやパワーポイントを利用せず、アドリブのみで生の語りでバトルします。
手元にあるのは紹介したい本とタイマーのみ!約150名を前にして緊張もしますが、入念な準備のもと、バトルに挑みます。


今回学生が紹介した本はこちらです。

【 第1部予選 】

①「友だち幻想 -人と人の〈つながり〉を考える」 菅野 仁

②「夢をかなえるゾウ」   水野 敬也

③「しあわせのねだん」   角田 光代

④「竜族~悼む者の瞳」   江南


【 第2部予選 】

⑤「自分を好きになる本」  パット・パルマ―

⑥「星の王子さま」     サン=テグジュペリ

⑦「九月の恋と出会うまで」 松尾 由美

⑧「きみにしか聞こえない」 乙一

⑨「ハチ公の最後の恋人」  吉本 ばなな

結果は接戦で、票が割れに割れました。9名の学生は全員が見事な発表をしました。
どの人の本の紹介も読みたくなるものばかりで、代表を2人に決めるのは難しい戦いでした。
その中で、チャンプ本は次の2人に決定しました!

book.png

第一部予選チャンプ本は・・・

エントリ―NO. K.Sさん「夢をかなえるゾウ」!

    02 - コピー.jpg

book.png

第二部予選チャンプ本は・・・

エントリーNO. Y.Kさん「星の王子様」!

    03 - コピー.jpg

book.png

発表者の中には、緊張でセリフが飛んでしまった人や、本とのエピソードを思い出して笑ったり、涙したりする人もいて、笑いあり、涙ありの大変盛り上がる予選会でした。

チャンプ本に選ばれた2人は、次は11月25日に九州女子大学耕学館で行われる九州地区大会に出場します!
こちらも熱いバトルが繰り広げられることでしょう!
次の大会では、他の大学からも予選を勝ち上がった参戦者が集まります。

ぜひ、頑張って欲しいと思います!

04 - コピー.jpg

出場者のみなさん お疲れさまでした!

2018年10月30日

人間生活学科 平成30年度後期 家政学研究会が行われました

平成30年度後期の家政学研究会について、家政学研究委員の2年田中、小林が報告いたします。

10月20日(土)に家政学研究会・講演会が行われました。
今年度は、はじめにビブリオバトルを行いました。様々な本が紹介され、普段手に取ることのないジャンルの本にも興味を持つことができました。

【ビブリオバトル 学内予選会】

    01 - コピー.jpg


次に、お二人の卒業生による講演会が行われました。 

【卒業生講演 「無職から中学校講師、そして高校教員2年目の私」 】
 
    02 - コピー.JPG

ご卒業後、教員として活躍されている蛯原麻貴さんによる講演

「無職から中学校講師、そして高校教員2年目の私」では、教員になるまでの経緯や現在の仕事内容など、貴重なお話をしていただきました。
家庭科教員を目指す学生にとって、教員になられた先輩の経験談を聞けたことは、とても励みになりました。
遠回りしても、それは経験として活かすことができるというメッセージに強く心を打たれました。


【 卒業生講演 「人々の幸せの真ん中に。」 】
 
    03 - コピー.JPG

ご卒業後、あさひ製菓にご就職された丸田夕紀子さんによる講演
「人々の幸せの真ん中に。」
では、将来就職をする際に必要なこと、大切なことをわかりやすく教えていただきました。
自分の好きなことを仕事にするという素晴らしさも知ることができました。


【 教員採用試験 現役4年生合格者の体験講演 】
   
    04 - コピー.jpg

次に、今年度教員採用試験に合格した4年生4名に教員採用試験合格体験談について話してもらいました。
現役で採用試験に合格するために行ったことや、合格までの流れを詳しく教えてもらいました。
たくさんのアドバイスを聴くことができ、教員を目指している学生、教員志望でない学生にとっても、とても有意義な時間となりました。


05 - コピー.jpg

講演者のみなさん ありがとうございました

2018年10月17日

人間生活学科 後期の授業が始まりました!~被服構成学実習Ⅲ~

後期の授業が始まり、被服構成学実習Ⅲの授業では浴衣の製作を行っています。

初回の授業では、先生から浴衣の部位の名称や縫い方について教わりました。
また、「指ぬき」も作りました。
和裁では「運針」と呼ばれる縫い方で長い距離を縫っていかなければなりません。
運針を速くきれいに行うためには、この指ぬきにしっかりと針をあてて縫うことがポイントになります。
自分の指にぴったりと合った指ぬきを使い、正しく針を持つことで、運針のスピードにも違いがでるそうです。

01 - コピー.JPG

針の正しい持ち方を教わっています


02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG

左が作った指ぬき、右が市販のものです。
市販品は継ぎ目がゴムなどで留められているものが多く、ずれやすいですが、作ったものは指に合わせて糸で締めるので、ずれにくいです。

指ぬきを作った後は、運針、耳ぐけ、三つ折りぐけの練習をしました。「運針?」「くけるって何?」と普段聞きなれない言葉に「?」が飛び交っていましたが、先生のお手本をしっかり見ながら、見よう見まねでやってみました。
運針をやり始めると皆真剣・・・誰一人喋ることなく、黙々と取り組んでいました。

  04 - コピー.JPG

基本の縫い方を確認!


  05 - コピー.JPG

静かな教室・・・

2回目の授業では、採寸、柄合わせ、裁断を行いました。
浴衣は1枚の「反物」とよばれる12m前後からなる布を裁ち、縫い合わせることにより作られています。
反物に描かれた柄をどのような配置にするかによって出来上がりの印象が変わり、個性が出ます。

見た目の印象に直結しますので、「柄合わせ」は、かなり重要なポイントになります!


和服では、左胸あたりが目立ちやすく顔にも近いため、そこに一番メインにしたい柄を配置します。
メインを決めたら、膝上、衿など浴衣の目立ちやすいところに目立たせたい柄を配置するように柄をずらしながら、裁断位置を決めていきます。


  06 - コピー.JPG

裁断位置を決めています

柄合わせが終わったら、いよいよ裁断!裁つ場所を間違えないように慎重に裁ちます。


  07 - コピー.JPG

いざ、裁断!

次回からは印つけを行い、縫製作業に入っていきます。

試行錯誤を重ねて製作する浴衣。一人ひとり、どのような仕上がりになるのか、これからが楽しみですね!

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加