2020年7月 2日

西日本新聞「こだま」欄に掲載されました-感謝の気持ち胸に刻み成長-

 人間生活学演習の食ゼミでは、例年「将来の夢」や「食」等に関するテーマをもとに文章を書き新聞社に投稿しています。今年度は「新型コロナウイルス」もテーマに加えて臨みました。限られた字数の中で、自分の思っていることを誤解無く他者に伝える文章を書けるようになることを目的としています。 
 コロナ禍により、遠隔授業による新聞投稿文作成の取り組みでした。どうなることかと思いましたが、LINEのやり取りを通して完成させることができました。

 今年度第3号が掲載されましたのでお知らせします。

【西日本新聞「こだま」-感謝の気持ち胸に刻み成長-掲載のことば】
 私の新聞投稿文の掲載を知った時、とても良い経験になったと嬉しく思いました。新聞投稿文を書き、先生とやり取りをしていく中で、言葉の言い回しや文章のまとめ方を学ぶことが出来ました。この経験を活かして、卒業論文を書く際には、今回注意された点をしっかりと気をつけ、読みやすく、まとまった文章を書けるよう頑張りたいと思います。

【指導教官より】
 同じ言葉や内容の繰り返しが多かったので、そこをまとめてもらいました。推敲を重ねると共に広い視野に立って考えてみるようにも伝えました。剣道で培った精神を日頃に活かし、これからの人生においても大切な心のよりどころにしてほしいと思います。

1-2.jpg
「掲載されました!」

2-2.jpg
「感謝の気持ち胸に刻み成長」 ※クリックすると拡大します

2020年6月29日

人間生活学科 マスク製作課題① 

人間生活学科では、遠隔授業の課題のひとつに「マスク製作」を行いました。
1年生は「被服学」の課題として、ハンカチとゴムを使って、折りたたむだけのマスク製作に取り組みました。手順はプリントの通りです。
平面ハンカチをタックによる立体化させ、みなさんは上手に顔にマスクがフィットできたでしょうか!?

↓ 1年生用課題プリント
1-3.png


↓ 1年生製作マスク一覧
図2-2.png
図3-2.png
図4-2.png
図5-2.png
図6-2.png

いかがでしたか?ハンカチのサイズや絵柄、ゴム紐の色が異なると、同じ手順で作成したものでも、こんなにも雰囲気が変わるのかと、写真を見ていて楽しくなりました♪
針や糸を使わずに身近にあるもので簡単にマスクを作ることができます!
みなさんもぜひ試してみてくださいね☆

次回は2年生の作品を紹介しますので楽しみにしていてください!

2020年6月26日

西日本新聞「こだま」欄に掲載されました-祖父が育てる桜島大根を研究-

 人間生活学演習の食ゼミでは、例年「将来の夢」や「食」等に関するテーマをもとに文章を書き新聞社に投稿しています。今年度は「新型コロナウイルス」もテーマに加えて臨みました。限られた字数の中で、自分の思っていることを誤解無く他者に伝える文章を書けるようになることを目的としています。
 コロナ禍により、遠隔授業による新聞投稿文作成の取り組みでした。どうなることかと思いましたが、LINEのやり取りを通して完成させることができました。

 今年度第2号が掲載されましたのでお知らせします。

【西日本新聞「こだま」-祖父が育てる桜島大根研究-掲載のことば】
 今回初めて新聞投稿文に挑戦してみて先生や仲間の意見を聞きながら、私の思いをどれだけ簡潔に誤解なく伝えるかを考えて作成していくのはとても大変でした。頑張って書いた文章が新聞掲載されて、とても嬉しく、また書いてみようと思いました。意見をくれた仲間、ご指導してくださった先生ありがとうございました。

【指導教官より】
 初回はとても短い文章でしたが、具体的な数字や様子を書き加えてもらうと、世界一大きな桜島大根を育てる苦労やおじい様への思いやりの気持ちが伝わりました。桜島大根の新レシピ開発は卒業研究で取り組むことにもなっており、今後が楽しみです。
 そして、この取り組みを通して、「また書いてみよう」という気持ちを持っ たこともうれしく思います。
図9-2.png
「掲載されました!」

1-2.png
「祖父が育てる桜島大根研究」
※クリックすると拡大します

2020年6月26日

人間生活学科 学生さんからの嬉しい報告が届きました♪

人間生活学科には学科菜園があり、1年生の「生活学演習」という授業の一環で野菜を育てています。今年度は、新型コロナウイルス感染症予防のため遠隔授業を実施することとなり、対面授業が始まるまでは、教員で畑の管理を行っています。先日、1年生の畑活動で自分が担当する野菜が決まったころ、ある学生さんから「家庭菜園を始めました」とメールで嬉しい報告が届きましたので紹介したいと思います!

【以下、学生さんから届いたメールの内容の一部と送ってくれた写真を紹介します!】
我が家で家庭菜園を始めました。
生活学演習で、希望の野菜のアンケートが提示された頃に、親に「野菜を作るみたい」と伝えたところ、「家でも作ればいいじゃん」という事で、小学生ぶりぐらいに野菜を作り始めました。育てている物は、ナスとミニトマトです。あと、野菜ではないのですが、おじぎ草もあります。種から植えるとなると、時期的に厳しい面もあるので、ホームセンターである程度育っている苗を植えました。ミニトマトは育てた事があるので、順調に育ちそうなのですが、ナスは初めての試みなので、上手くいくか未知の状態です...。

図1-2.png

図2-2.png

図3-2.jpg
ナスの葉の裏にてんとう虫がいました!
農薬を使わないので、今後葉っぱを食べてしまう虫が付かないか心配です。
しかし、てんとう虫は好きなので嬉しかったです。

図4-2.png
早くもミニトマトに実が実り始めました。
間引きが必要であればやってみたいと思います。

遠隔授業や自粛期間を有効に利用して、自ら考えて学ぼうとする姿勢はとても大切なことですね!
対面授業が始まったら、家庭菜園での学びを活かして活躍してくれることを期待しています♪

【ちなみに学科菜園の近況も報告します!】
図5-2.png

最近は狸が出没しているのか、せっかくの収穫前の美味しい野菜が食べられてしましました。
動物と人間の共存は難しいですね、、、
図6-2.png
トマト:たくさんの実がなり、ほんのり赤く色づいたものもありました!
図7-2.png
なす・きゅうり:これ以上狸に食べられませんように、、、           
図8-2.jpg           
甘長とうがらし:順調に育っています!

2020年6月20日

人間生活学科 進学個別相談会を実施しました!

例年は、6月にオープンキャンパスを開催し、実際に大学での授業や在学生の雰囲気を見て感じてもらっていたのですが、新型コロナウイルス感染症予防のため、中止となってしまいました。その代わりとして、高校生や保護者の方が気になる学科の学びや免許・資格について教員に相談できるよう進学個別相談会を実施しました。事前に予約をしてもらい、希望の時間帯に大学へ来学していただくか、Zoom(オンライン会議システム)による遠隔での相談かを選択してもらいました。

【個別相談会の様子です】
1-3.jpg
相談会場には学科オリジナルのパネルを準備し、新型コロナウイルス感染症対策としてアルコール消毒液を設置しました。

2-2.jpg
ウェルカムフラワーには色鮮やかな紫陽花を飾りました♪

3-2.jpg
来学者には、広い教室で十分に換気を行いながら興味のある学びについて担当教員が説明を行いました。

4-2.jpg
遠方の方や来学が難しいという方も気軽に安全に参加できるよう、Zoomというオンライン会議システムを利用して遠隔でも行いました。

今回参加することが出来なかった方でも、ホームページの「WEB OPEN CAMPUS2020」に人間生活学科の学科紹介の動画が載っているので、ぜひご覧ください♪

動画URL→http://www.kwuc.ac.jp/2020/06/web2020.html

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加