2018年6月12日

人間生活学科 ◇6月16日(土) オープンキャンパスのご案内◇

今年度、第1回目のオープンキャンパスを
下記の日程、内容で開催致します✨

タイムスケ.png


当日、人間生活学科では様々なイベントをご用意しています!


3階、B309教室ではスタンプを使って簡単なオリジナルバッグを製作します。出来上がった作品は持ち帰ることができますよ♪


また、VRとは、バーチャルリアリティの略で、コンピューターで作った仮想的な世界を現実世界のように体験できる技術です。
ヘッド・マウント・ディスプレーというゴーグルのようなものを頭に装着することで、360度、上下左右の仮想空間を体験することができます!!なかなかできない体験ですので、ぜひお楽しみください。

1階、九女ラウンジでは、在学生とお話しできるブースがありますので、こちらもぜひ立ち寄ってみてください♪

❀昨年度の様子❀

07 - コピー.jpg08 - コピー.jpg

オープンキャンパスは憧れの大学生活を体験できるチャンスです!

予約申し込み不要で、どなたでもご参加頂けます。

人間生活学科一同、皆さまのご来場を心よりお待ちしています☺

2018年6月11日

人間生活学科 人間生活学演習Ⅰ「図書館教育」

新3年生のゼミ配属が4月に行われ早いもので6月になり、各先生方の専門分野と方針に応じた指導が活発に行われています。

卒業研究を行うにあたって必要な論文検索や各種統計資料の検索方法については、図書館の協力を得て教わっています。

図書館教育は下学年の際にも行われていますが、再確認の意味も込めて気持ちも新たに行うゼミが少なくありません。受講した学生らは、「学術論文の検索方法について知らなかったことを知れて良かった」「自分が欲しい論文を見つけるのがとても難しいことを痛感した」等、様々な感想を持っていました。

3年次から少しずつ積み重ねて、4年間の集大成となる卒業研究をまとめます。

多くの学生達が、その一歩を踏み出し始めています。

01 - コピー.jpg02 - コピー.jpg

  先行研究を検索しています     個別に丁寧に教えてくれます

2018年6月 1日

人間生活学科 調理学実習Ⅱ 日本料理テーブルマナー講習

01 - コピー.JPG

5月18日 (金)に3年生がテーブルマナー講習を受講しました。
場所は、国指定重要文化財となっている旧松本家住宅(戸畑区)です。
日本館と洋館があり、洋館は日本銀行本店や東京駅を設計した辰野金吾氏の設計です。

02 - コピー.JPG03 - コピー.jpg

今回は日本館のお座敷で和懐石料理をいただきながら、食事作法や和室での作法を教えていただきました。

講習のはじめに講師の伊達先生より、「感謝」についてご説明がありました。
食事ができる環境、共に食事をする仲間、食事を提供してくださった方への感謝など、日々「感謝」の気持ちを大切にしていきましょうというお話がありました。

04 - コピー.JPG
『まずは姿勢を正すところから始めましょう』

料理が運ばれてからは、器の持ち方や箸の運び方について説明がありました。
最初は、学生たちも慣れない作法にぎこちない様子でしたが、次第に慣れていきました。

05 - コピー.JPG
『汁をいただく時は、まずはお椀から持ちます』

06 - コピー.JPG
『ちまきの美しいほどき方も教わりました』

16 - コピー.jpg
『正座で足が痺れた時の対処法も教わりました』

料理長からは、料理や食材についての説明がなされました。

どの料理も季節感を大切にされ、彩りも美しく、また若い世代を意識した細やかな配慮が行き届いたものばかりでした。
日本料理ならではの素材本来の味を活かした料理に、皆感動していました。

07 - コピー.JPG
『料理長が丁寧にお料理の説明をされました』

08 - コピー.JPG09 - コピー.JPG

10 - コピー.JPG11 - コピー.JPG

12 - コピー.JPG13 - コピー.JPG

作法については、和室での立ち座りの動作や正しい姿勢について教えていただきました。
最初はすぐに足がしびれたりしていましたが、講習終盤にはご覧の通り!
背筋もピンと伸び、美しい姿勢を身につけることができました!

14 - コピー.JPG
『最初の頃とは見違えるほど背筋が伸びてきれいです』


食事を終えて、最後にクラスの代表学生がお礼の言葉を述べ、先生を囲んで集合写真を撮りました。
今回の講習では、細やかで美しい日本の文化や和の心に触れ、周囲への感謝の気持ちを新たにし、とても穏やかな時間を過ごすことができました。今回教えていただいたことをぜひ、普段の生活の中でも取り入れてほしいと思います。

15 - コピー.jpg

2018年5月 9日

人間生活学科 教員採用試験対策

人間生活学科では、公立中学校・高等学校家庭科教員採用試験合格者を輩出するため、教職課程履修者に対して、年間を通したセミナー・講座の実施、模擬試験の実施などを行い、教員採用試験支援体制の強化をはかっています。

学生は、普段の授業以外でも、各自で教採対策ノートを作って自習をしたり、試験対策講座の受講や模擬試験を受験したりして、意欲的に勉学に励んでいます。


春休み休暇中には、春季セミナーを実施しました。
今年は、専門教養(家庭科)の各分野を小テーマごとに4年生が分担し、2~3年生にレクチャーする取り組みも行いました。
これは、ラーニングピラミッドの理論で、定着率が最も高いとされる「教える」の取入れと、採用試験2次に家庭科の模擬授業が課される自治体への対策をねらいとしたものです。

4年生からは、「自分の担当の箇所は必死で調べるから、すごく勉強になった」との声も聴かれました。
4年生のレクチャー後、先生から補足説明がなされ、それを聞いて、「自分の説明では足りなかった箇所、伝え方に工夫が必要なことも実感した」という感想を述べる学生もいました。
大切な「気づき」ですね。

また、下級生にとっても、先輩からの採用試験対策のポイントや勉強方法のレクチャーを受けるのは、良い刺激となったようです。
このように、他学年とも関わりあいながら、夢に向って共に学んでいます!

01 - コピー.JPG

02 - コピー.JPG

4月28日(土)には、校内で教員採用試験全国模試が行われ、2~4年生の41名が受験しました。
今回の模試受験を通して、学生は現在の自分の実力や得意・不得意な内容などを再確認できたのではないでしょうか。
ただ、模試は、受験し結果を見るだけでは意味がありません。
今回の試験内容をしっかりと復習し、着実に自分の力にしていってほしいと思います。

03 - コピー.JPG

4年生は、5月から教育実習が始まり、その準備と採用試験の勉強と卒論を並行して行います。
大変な時期ではありますが、それぞれ悔いが残らないよう、全力で頑張ってください!

2018年5月 2日

人間生活学科教職員から新入生へのメッセージ②

【山野講師(衣分野)】
 『追究』
01 - コピー.jpg

新入生のみなさんに「追究」という言葉を贈ります。
追究とは、不明なこと・未知のものを、どこまでも深く調べて明らかにしようとすることです。
これからの学びの中で、「何故だろう?」と思う機会がたくさんあると思います。
どんな小さなことでも、自分で調べ、理解できると、学ぶことが楽しくなりますよ!
一つでも多くの物事に疑問を持ち、学びを楽しんで下さいね!


【上原講師(衣分野)】
 『一芸に秀でる者は多芸に通ず』
02 - コピー.jpg

ご入学おめでとうございます。
一年生担任、衣分野の被服科学系を担当する上原真樹です。
宜しくお願いします。

『一芸に秀でる者は多芸に通ず』とう言葉があります。
一つの道を究めた人は、他の多くの事柄も身につけることがたやすくなり、おのずと見えてくるようになるという意味です。
大学生活で何か夢中になれるのをみつけ、極めて欲しいです。
その夢中になれることが、大学の学びだと嬉しいです。


【染原助手】
 『言霊』(ことだま)
03 - コピー.jpg

みなさん、「言霊」という言葉を知っていますか?
日本において言葉に宿ると信じられた霊的な力のことです。
何事も自分が発する言葉には、その人の心が出たり、日頃思っていることや考えていることが出たりします。
ですから、人が発する言葉にはその人の印象や人柄がうかがえるのです。
私自身、実感するようなことが多々ありました。
信じるか信じないかは個人の考えですが、やはりマイナスよりもプラスの言葉を発している方が自分の考えも前向きになります。
これからの大学生活、楽しいことや嬉しいこと、その反面超えないといけない辛いことや悔しいこと、いろんなことが皆さんの目の前に降りかかってきます。
そんなときは、少しでも前向きな言葉を口に出してみてください。
もしかすると、何かが変わったり、新しいものが見つかったりするかもしれませんよ。

清田(せいた)助手】
 『一所懸命』
04 - コピー.jpg

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!
これからの大学生活、様々な出来事があると思います。
一つひとつの行動を大切に、大学生活を充実したものにしてください。
卒業まで、どう過ごすかは皆さん次第です。
一所懸命に色々なことに取り組んでいけば、その経験は必ず皆さんの力となることと思います。
有意義な大学生活が送れるよう、応援しています!


【佐保助手】
 『笑う門には福来る』
05 - コピー.jpg

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます。
私は、笑顔の人の周りには自然と人が寄ってきたり、思わぬチャンスが舞い込んできたりするような気がします。
大学生活では、教員や友人などたくさんの出会いがあると思います。
また、色々な人や考えに接することでたくさんのことを得ることができると思います。
笑顔で、充実した学生生活が送れるよう応援しています。
何かありましたらいつでも声かけて下さい(^◇^)

()(ばた)学科事務】
 『夢へ向かって有意義な4年間を ~Dream come true~』
06 - コピー.jpg

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加