2018年10月17日

人間生活学科 後期の授業が始まりました!~被服構成学実習Ⅲ~

後期の授業が始まり、被服構成学実習Ⅲの授業では浴衣の製作を行っています。

初回の授業では、先生から浴衣の部位の名称や縫い方について教わりました。
また、「指ぬき」も作りました。
和裁では「運針」と呼ばれる縫い方で長い距離を縫っていかなければなりません。
運針を速くきれいに行うためには、この指ぬきにしっかりと針をあてて縫うことがポイントになります。
自分の指にぴったりと合った指ぬきを使い、正しく針を持つことで、運針のスピードにも違いがでるそうです。

01 - コピー.JPG

針の正しい持ち方を教わっています


02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG

左が作った指ぬき、右が市販のものです。
市販品は継ぎ目がゴムなどで留められているものが多く、ずれやすいですが、作ったものは指に合わせて糸で締めるので、ずれにくいです。

指ぬきを作った後は、運針、耳ぐけ、三つ折りぐけの練習をしました。「運針?」「くけるって何?」と普段聞きなれない言葉に「?」が飛び交っていましたが、先生のお手本をしっかり見ながら、見よう見まねでやってみました。
運針をやり始めると皆真剣・・・誰一人喋ることなく、黙々と取り組んでいました。

  04 - コピー.JPG

基本の縫い方を確認!


  05 - コピー.JPG

静かな教室・・・

2回目の授業では、採寸、柄合わせ、裁断を行いました。
浴衣は1枚の「反物」とよばれる12m前後からなる布を裁ち、縫い合わせることにより作られています。
反物に描かれた柄をどのような配置にするかによって出来上がりの印象が変わり、個性が出ます。

見た目の印象に直結しますので、「柄合わせ」は、かなり重要なポイントになります!


和服では、左胸あたりが目立ちやすく顔にも近いため、そこに一番メインにしたい柄を配置します。
メインを決めたら、膝上、衿など浴衣の目立ちやすいところに目立たせたい柄を配置するように柄をずらしながら、裁断位置を決めていきます。


  06 - コピー.JPG

裁断位置を決めています

柄合わせが終わったら、いよいよ裁断!裁つ場所を間違えないように慎重に裁ちます。


  07 - コピー.JPG

いざ、裁断!

次回からは印つけを行い、縫製作業に入っていきます。

試行錯誤を重ねて製作する浴衣。一人ひとり、どのような仕上がりになるのか、これからが楽しみですね!

2018年10月15日

人間生活学科  *家政学研究会 講演会のご案内*

家政学研究会では、人間生活学科の教員・学生・卒業生による講演会・活動報告などを行っています。

今回は10月20日(土)に行われる家政学研究会・講演会についてご案内いたします。講演会は公開しておりますので、一般の皆様も是非ご参加下さい。

01 - コピー.jpg

尚、講演会を行う前に「ビブリオバトル 九州女子大学 学内予選会」を行います。

ビブリオバトルでは、発表者の学生が読んだ本を紹介し、その後、だれの発表による本が一番読みたくなったかを会場の観戦者の多数決で決めます。

是非お越しください!(申し込みは不要です。)

【問い合わせ先】人間生活学科助手室(093-693-3376)

《昨年度の家政学研究会の様子》

02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG

04 - コピー.JPG05 - コピー.JPG

06 - コピー.png

2018年10月12日

人間生活学科 小学生と一緒にポケットティッシュケース作りを行ないました☆

9月22日(土)、九州女子大学にて「あしやハンズ・オン・キッズ」の子どもたちと一緒に第5回目の活動、ものづくりを行ないました!!

「あしやハンズ・オン・キッズ」とは、芦屋町内の小学校4年生から6年生を対象として、学校教育、家庭教育、社会教育の相互の連携をはかることで、子どもの才能を伸ばそうという青少年体験活動です。
年間を通して継続的にさまざまな体験活動を実施することにより、仲間同士の連帯感や活動への意欲を高め、児童のチャレンジ精神を育てることを目的として活動しています。

5月から活動をはじめ、第5回目となる今回の活動はここ「九州女子大学」にて、ポケットティッシュケース作りと大学探検を行ないました!

初めて大学に来た子どもたちは、目を輝かせながら自分の小学校との違いを話していました。
西田ゼミ、上原ゼミの4年生の指導のもと製作を行ないました。

01 - コピー.JPG04 - コピー.JPG

02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG


お昼休憩を挟み、午後からは2チームに分かれて大学探検を行いました。
最も人気のあった場所は図書館です!約20万冊ある本の数や日本で九州女子大学にしかない本があることにとても驚いていました。
図書館内でクイズを行なったり、書庫の中でハンドルを回す体験もでき、小学生にとって初めての体験ばかりだったと思います。

2チームの大学探検が終わると最後の仕上げの作業を行いました。
世界に1つだけのオリジナルのポケットティッシュケースなので、それぞれみんな個性が出ていました!
時間内に終わった人は少なく、終わらなかった人は宿題として次の活動までに作ってくることになっています。

ちなみに大学生の作った見本はこのような感じに仕上がりました!!!
子どもたちの作品はどのようになるのでしょうか...♪完成が楽しみです☆
  
         05 - コピー.JPG


《参加した学生の感想》

「自分1人で出来る」ことを「誰かに教える」ことの難しさを学びました。
私は教員免許を取らないので、自分より小さな子に教えることがなく余計に難しく感じたし、先生になる人達をすごいなと思いました。
また、他のゼミ生達と作業できて楽しかったです。
(人間生活学科4年 M.Mさん)

久しぶりに大勢の小学生と触れ合ったので最初は戸惑いましたが、楽しく過ごすことができました。
裁縫をすることが初めての子もいて、どのように教えるか迷いましたが、裁縫が楽しい!と思ってもらえるように心がけて教えていきました。
大学探検では敷地内を歩き、ポイントで説明をしていきましたが、子ども達が大きなリアクションをしてくれて嬉しかったです。
元気な子ども達と一緒に過ごす事で私たち大学生もとても元気になれました。楽しかったです♪
(人間生活学科4年 Y.Sさん)

私は初めて、あしやハンズ・オン・キッズの活動に参加させていただきました。
活動する前は、小学生に対して上手く接することができるのかすごく不安でしたが、自分の班の小学生達はすごく人懐っこく、たくさん話したり一緒に考えることができてすごく楽しかったです。
私にはない発想を聞いたり、デザインを考えたりする姿を見ると、新しい発見や気づきがありました。良い経験ができてよかったです。 
(人間生活学科4年 Y.Yさん)

今回私が主軸となり活動を行ないました。
私はハンズ・オン・キッズにボランティアスタッフとして5月から子どもたちと共に活動をしています。
今回針に糸を通す作業、玉止め、玉結びは皆が苦戦していて子どもたち同士で協力してクリアしていました。
今回の活動後に「家でも何か作りたい」「ミシンを使ってみたい」「洋服を作りたい」と言う子がいたり、苦手な子は「もっと上手になりたい」「早く縫えるようになりたい」と言っていました。
裁縫の楽しさを皆に知ってもらえることができ嬉しかったです。
(人間生活学科4年 A.Hさん)

2018年10月 9日

人間生活学科 第5回オープンキャンパスを開催しました☆

9月22日(土)に第5回オープンキャンパスを開催しました!!

01 - コピー.JPG

はじめに50周年記念ホールにて全体会が行われました。
全体会では、本学科の2年生が司会進行役を担当しました。
各学科の先輩による大学紹介では、4年生が授業で制作した手縫いの浴衣を着て学科紹介をしました。

1階の学科ブースでは、黄色い学科ポロシャツを着た学生スタッフが、学科紹介をしたり、高校生の相談に乗っていました。

02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG
福原学長挨拶            司会進行がんばっています

04 - コピー.JPG05 - コピー.JPG
学びを紹介            学科ブースの様子

その後は昼食をとり、学科説明会を行い、本学科の特色ある学びについて説明しました。

06 - コピー.JPG
上原先生による学科説明

学科説明会の後は学科イベント!
今回は3つのイベントを行いました。

【 家庭科教員になるための学び
       ~教育実習に向けた模擬授業&卒業研究~ 】

07 - コピー.JPG08 - コピー.JPG

09 - コピー.JPG

今年度、教育実習・教員採用試験を終えたばかりの4年生が、家庭科教員になるためのステップや大学の授業での取り組み、自身の卒業研究についてお話しました。
「模擬授業」とは、実際に生徒の前で授業を行うことを想定し、他の学生の前で決められたテーマ・時間にしたがって指導計画をたて、授業を行うものです。
今回の説明では、実際に教育実習先で使用した資料などを使いながら、どのような学びを行っているのかを説明しました。
オープンキャンパスに来る高校生の中には、教職に興味のある人も多いため、学生の生の声を聞くことは、勉強になったのではないかと思います。
また、高校までに行うことの少ない「卒業研究」についても、少しイメージがつかめたのではないでしょうか。


【 インテリアパネルを作ろう! ~インテリアパネル製作体験~ 】

10 - コピー.JPG11 - コピー.jpg

12 - コピー.JPG13 - コピー.JPG


このイベントでは、北欧モダンのテキスタイルを使用したインテリアパネルの製作体験を行いました。
北欧地域は日照時間が短いため、室内で過ごす時間が長いそうです。
そのため、部屋を明るく居心地の良いものにするための工夫が、家具やインテリア、ファブリックのデザインなどに表れ、実用的で洗練されたデザインが多く見られます。皆さんよくご存じの「marimekko(マリメッコ)」も北欧のフィンランドを代表するブランドです。

今回のオープンキャンパスでは、これらのカラフルな柄の布を使って可愛らしいパネルを作りました。
出来上がったものは、お持ち帰りOK♪
今回参加された皆さんには、家に帰って壁に掛けたり、椅子の上などに置いたり、自由にディスプレイを楽しんでいただきたいと思います♪


【 フルーツの飾り切り体験 

    ~フルーツを飾り切りしてスイーツプレートを作ろう!~ 】

14 - コピー.JPG15 - コピー.JPG

16 - コピー.JPG17 - コピー.JPG

18 - コピー.JPG19 - コピー.JPG

調理室ではフルーツの飾り切りの体験を行いました。
一見難しそうな木の葉りんごやオレンジの飾り切りも、学生スタッフのアドバイスを聞きながら慎重に切っていき、きれいに作ることができていました。
プレートへの盛り付けはセンスの見せどころ!一緒に参加した友達同士で話し合いながら楽しく盛り付けをしていました。
盛り付け後も写真を撮り合ったりして、和気あいあいとしていました。
大学生活についても学生スタッフに色々と聞くことができたようです。
スタッフとして参加した学生も、高校生と様々な話がゆっくりできて良かったと言っていました♪


次回のオープンキャンパスは11月3日です。この日は華秋祭と同時開催となります。
ぜひお越しくださいね♪ お待ちしております!

20 - コピー.jpg

2018年10月 2日

人間生活学科 【速報】平成31年度 教員採用試験 一次試験合格報告!

人間生活学科では、家庭科教員の育成に力を入れており、多くの卒業生が家庭科教員として教壇に立ち、活躍しています。

採用試験では、非常勤講師や臨時採用などで教職経験を積んだ人も受験するため、現役で合格することはなかなか難しいとされていますが、本学科は4年連続で現役合格生を輩出しています。
昨年度は5名が現役合格しました。

今年の夏にも4年生が教員採用試験を受験しました!

受験する自治体によって何次試験まで行われるかは異なりますが、一次、二次、多い所では三次まで試験が行われ、現在、一次試験の結果が届いています。

平成31年度 教員採用試験一次試験の結果はこちらです!

01 - コピー.jpg


現在、学生たちは受験を終えて、二次試験の結果を待っているところです。
もうすぐ二次試験の結果も発表されますので、また後日お知らせいたします!

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加