2017年10月12日

人間生活学科 調理学実習Ⅲ 離乳食を作りました!

「調理学実習Ⅲ」は3年次に開講される科目です。
この授業では、2年次に開講される「調理学実習Ⅰ」「調理学実習Ⅱ」で培った技術を発展させ、ライフステージに合わせた調理や、家庭科教科書献立実習、郷土料理実習、食品加工実習、災害時の食といったテーマに沿って実習を進めていきます。


初回は胡瓜の小口切りテストと官能検査(塩味、甘味)を行い、2回目の授業では、月齢5~6か月と月齢7~8か月の離乳食を作りました。
市販品とも食べ比べをして、手作り品との違いを考えました。


月齢5~6か月の時期は、母乳から固形食への移行期であり、液体に近いペースト状のものから与えていきます。今回は、ほうれん草と人参、豆腐をペースト状にしました。
また、りんごをすりおろして絞り、白湯で倍に薄めたりんごジュースも作りました。

02 - コピー.JPG03 - コピー.JPG
なめらかにすりつぶします      りんごジュースづくり

月齢7~8か月になると、だんだんと歯も生えてくるので、少しずつ小さなかたまりのものを与えていきます。
今回は人参とじゃが芋のやわらか煮、卵がゆを作りました。
卵などは、アレルギーのおそれがあるため、卵黄のみを取り出し、最初は少量ずつで試し、与えるタイミングにも気をつけます。


04 - コピー.JPG05 - コピー.JPG
3㎜角に切っています        卵黄のみを裏ごしします

06 - コピー.JPG07 - コピー.JPG
やわらかくゆでていきます      優しい味がします!

味については、5~6か月の時期のものは、野菜を茹でただけなので、野菜本来の味しかしません。
また、7~8か月の時期の離乳食も、昆布だしのみで、食塩等の調味料は使用していません。

味が濃い食事に慣れている学生には、物足りなかったようですが、「調味料を使っていないけど美味しい!だしのみでも美味しい!」と言った声もあり、皆、赤ちゃんの頃に戻った気持ちで素材本来の優しい味を楽しみました。

離乳食づくりをすることで、素材本来の味の良さに気付き、普段の食生活を見直すきっかけにもなったようです。また、手づくりをしたことで、育ててくれた親への感謝の気持ちも生まれたようです!
今回の実習で行ったことを、これからの人生や、家庭科教育の現場でぜひ活かしていってほしいと思います。

      08 - コピー.JPG
             離乳食づくりをしました♪

2017年10月 5日

人間生活学科 インテリアプランナー資格 学科試験合格しました!

人間生活学科に嬉しいニュースが舞い込んできました!

8月24日にインテリアプランナーの学科試験の合格発表があり、人間生活学科の3年生4名が、見事合格しました!

01 - コピー.jpg

「インテリアプランナー」とは、高品質で魅力的なインテリア空間をトータルに実現できる設計能力を持った資格者に与えられる称号です。(平成28年度インテリアプランナー試験受験総合案内書より抜粋)

試験には、一次試験(学科試験)と二次試験(設計製図試験)があります。
インテリアプランナーになるためには、一次と二次の試験合格に加えて、卒業時までに必要な科目を履修し、卒業することが必要です。なお、学科試験に合格した人は、合格後、5年以内にアソシエイト・インテリアプランナーの登録申請を行うと、「アソシエイト・インテリアプランナー」の称号が与えられます。

今回、学科試験に合格した学生も、登録申請を行うと、アソシエイト・インテリアプランナーの資格を得られます。この称号を持つ人は、インテリアプランナーになるための基礎的な知識を持っている人として、建築士やインテリアプランナーの下でインテリア設計などの補助業務を行うことができます。


~学科試験を合格した学生に、
         感想と後輩へのアドバイスをもらいました!~


日々少しずつでも時間をつくって取り組んでいたので、合格して一安心しています。
参考になるかわからないのですが、私は一夜漬けタイプではないので、毎日少しでも問題に触れ、何度も同じ問題を解きました。自然と答えの番号を覚えてしまいますが、自分がきちんと理由を説明できる、ということを大事にしたので答えがあっていても説明ができないところは弱点としました。
また、辞書には文章が丁寧すぎるあまり分かりにくく感じる所も多かったので、何度も読み、マーカーで自分なりの色分けをしました。以上の事が合格に繋がったのかなと思います!(Fさん)



就活での強みとなる資格を取得することができ、とても良かったです。
勉強面は先生からもらった過去問をひたすら解きました。売られている問題集を解くよりも、過去問を何周もすることがどのような試験でも、一番合格への近道かなと思います。
用語などを綺麗にノートにまとめるような作業は、時間の無駄だし結局頭に入らないので、ペラ紙に何度も(なぐ)り書きをして覚えました。
後輩の皆さんには私たちよりもまだ1年以上も時間があります。今勉強して資格を取っておけば、後々楽になるので、早め早めで行動しておくことをお勧めします。(Mさん)



最初過去問を解いた時はとても難しくて合格する気が全然しませんでした。しかし、過去問を何回も解いていくにつれて、徐々に理解し、身についているような感じがしました。
合格とわかったときはとても嬉しく、最後まで諦めずに勉強してきてよかったなと思いました。2次試験も頑張りたいです。
試験勉強については、私は10年分の過去問を3回ずつくらい解きました。1回目に解くときは全然点数が取れませんでしたが、回数を重ねていくうちに点数も上がっていきました。インテリアプランナーの試験は過去問と似たような問題が多いので過去問を出来るだけ沢山解くことで合格に繋がると思います。(Kさん)



勉強をし始めた頃は全く聞いたこともない言葉も多くて大変でした。時間もあまり無く、焦りました。しかし、逆に、時間が無くてラスト1か月で追い込みをすることができたというのも良かったと思います。長々と勉強してもあまりやる気も入らないかと思うので、試験間近になって一気に勉強時間を増やしました。
また、法律に関する内容も出題されるため、森永先生の講座がとても役に立ちました。普段の生活とは馴染み少ない内容だと思いますが、勉強したらやりがいもあるし、生活の中で建物に対する見る目も変わり、非常に良い知識が身につけられると思います。良い資格を取得できたと感じています。
試験勉強は、過去問を繰り返し解きました。分からない言葉はその時その時でもらったプリントなどで調べ、図や写真と見合わせて理解をすることが大切だと思います。(Hさん)

2017年10月 3日

人間生活学科 調理学実習Ⅰ 後期授業が開始しました!

9月に入り、後期授業が開始しました。
「調理学実習Ⅰ」は2年次に開講される授業です。2年生にとっては大学に入学以来、初めての調理学実習です。

初回のガイダンスでは、現時点での実力をはかるため、胡瓜の小口切りテストと箸の持ち方練習(小豆運び)を行いました。
胡瓜は、薄く枚数が多いほど得点は高くなります。速く薄く切ることができた人もいれば、得点が思ったよりも取れなかった人もいましたが、これから実習を重ねる中で力をつけ、技術を磨いてほしいと思います。

01 - コピー.JPG02 - コピー.JPG
15秒間で胡瓜を切ります!     真剣に小豆を運んでいます!


2回目の授業では、「フレンチトースト、マセドアンサラダ、フルーツの盛り合わせ、ハニージンジャーエール」を作りました。

果物の褐変を抑えるための方法や、美しい盛り付けの工夫について考えました。
フルーツの盛り合わせでは、飾り切りに挑戦しました!木の葉りんごは、なかなか難しかったようですが、皆頑張っていました!

03 - コピー.JPG04 - コピー.JPG
程よい焼き色です♪         バランスよく盛り付けます!

05 - コピー.JPG06 - コピー.JPG
オレンジの飾り切り中♪       木の葉りんごに挑戦しています!

07 - コピー.JPG08 - コピー.JPG
綺麗に切れました!         出来上がり♪


初めての実習でしたが、皆で協力し合い、効率よく作業を進めることができていました。
今後も様々な調理に取り組んでいきます。その様子はブログでもご紹介する予定ですので、お楽しみに!

2017年9月29日

人間生活学科 第5回オープンキャンパスを開催しました!

9月23日(土)、第5回オープンキャンパスを開催しました。

まず、50周年記念ホールにて全体会が行われました。福原公子学長のご挨拶の後、大学紹介DVDの上映や各学科の在学生による学科アピールが行われ、本学科は4年生が浴衣を着て人間生活学科の魅力をアピールしました。人間生活学科での学び、大学生活、資格や就職についてなど、高校生の皆さんがこれからの4年間をイメージしやすくなるよう、ご説明しました。

01 - コピー.JPG

02 - コピー.JPG


その後、3階の教室にて、山野講師による学科説明が行われました。
全体会ではお話しきれなかった人間生活学科での4年間について説明を行いました。
他大学や他学科にはない人間生活学科ならではの学びについて、理解を深めていただけたのではと思います。

03 - コピー.JPG

05 - コピー.JPG


午後からは、1階の教室で、在学生の生の声をお伝えする企画を開催しました。

「空き家再生・地下道改修活動報告」では、学生がこれまで取り組んできた若松市中川町での空き家のリノベーション活動や、学園大通りの地下道改修の取り組みについてお話しました。

学外に出て地域の方と交流し、活動を行うことは、座学では得られない様々な経験ができ、社会に活きる力が身につきます。今回話を聞いた高校生にも、これからの進学先で、本学科の学生のように、様々な所に出かけて学ぶ経験を沢山してほしいと思います。

05 - コピー.JPG

06 - コピー.JPG


続いて「ドレス等制作活動」では、衣環境研究会で制作しているドレスやTシャツコレクションの衣装やファッションショーについてお話しました。被服製作経験の少ない学生でも、素敵な衣装の制作をすることができること、自信を持ってランウェイを歩けること、その秘密についてわかったのではないかと思います。

07 - コピー.JPG

08 - コピー.JPG


九女ラウンジでは、学生と高校生が交流できるブースを設置しました。

廊下では、学生の作品の展示や、4年生が卒業研究で行っている「ヘッドマウントディスプレイ」のバーチャルリアリティ体験を行いました。ヘッドマウントディスプレイは、眼鏡の形をした装置を着けて、学生が設計したインテリア空間を疑似体験できるというものです。高校生だけではなく、大人の方も興味深く、足を止めて見てくださいました。

09 - コピー.JPG10 - コピー.JPG

11 - コピー.JPG12 - コピー.JPG

今年度のオープンキャンパスは、全て終了いたしました。お越しくださった高校生の皆さん、保護者の方、ありがとうございました。

11月には、華秋祭(大学祭)が開催されます。今回ご紹介したファッションショーも行いますので、こちらも沢山の方に足を運んでいただきたいと思います。

また皆さんにお会いできる日を楽しみにしています!

2017年9月26日

朝日新聞「声」欄に掲載されました

人間生活学演習の食ゼミでは、「将来の夢」や「食」等に関するテーマをもとに文章を書き新聞社やその他に投稿しています。

今年度第4,5号が掲載されましたのでお知らせします。

【朝日新聞「声」

「手作り料理の大切さ教わった」8月8日掲載のことば】

自分の想いを文章に表し、何度も推敲を行なった事で、自分自身とじっくり向き合う事ができました。特に、家庭科の教師を目指し始めたきっかけを思い出し、当時の自分に胸を張れるよう日々過ごしていこうと思いました。また、新聞に掲載された事で、父とも思い出話をする事ができ、良かったです。

【指導教官より】

掲載の言葉にあるように、自分自身とじっくり向かい合うという作業を丁寧にしていったことが文章にも表れていました。

高校時代の家庭科の先生が伝えたかった「手作り料理の大切さ」を実感した時のことが、心に響くような文章として表されていました。将来は家庭科の教師となって、今度は伝える側になってほしいと思います。

01 - コピー.JPG02 - コピー.JPG
掲載されました!         ★ここをクリックすると拡大します★


【朝日新聞「声」

「家族が作った米がつなぐ食卓」8月18日掲載のことば】

自分の考えていることやこれまでの経験から学んだこと、発信したいことを、文字に起こすのはとても大変な作業でした。

初めは社会問題について小論文のように書くつもりでした。しかし、なかなか自分の思いが伝えられるような文章が書けず苦戦しました。私らしく、誰にでも伝わる文章は何かを考えた時、やはり体験談が1番人を説得できると考え、自分の幼少期の思い出をテーマにしました。

ゼミの課題の一環として行っていた文章作成でしたが、自分の考えを改めて再認識することができ、それを形にする良い機会となりました。実際に掲載されると、とても嬉しく達成感も味わうことができました。約1カ月間作文の推敲を手伝ってくれた先生とゼミ生に感謝したいです。

【指導教官より】

実際に農作業の経験がないと書けない文章でした。田植え作業の様子が目に浮かび、幼い頃は辛い作業であったことが伝わりました。今は離れて暮らす家族との絆を、実家で祖父母や両親が作っている「米」が紡いでいることも感慨深かったです。家族との農作業を通して育まれた力強さと優しさを感じさせる内容は、本人の考えや思いが十分に表現出来ていたと思います。

03 - コピー.JPG04 - コピー.JPG
掲載されました!         ★ここをクリックすると拡大します★

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加