2020年3月30日

令和元年度 家政学部 卒業証書・学位記授与式

 3月18日(水)、令和元年度九州女子大学家政学部卒業証書・学位記授与式を行いました。今年度は、新型コロナウイルス感染症予防のため、学部ごとに縮小した卒業式を卒業生と教職員のみで行いました。

図1-2.jpg

福原学長祝辞

図2-2.jpg

卒業証書・学位記授与、日本衣料管理協会表彰

図4-2.png

  日本建築学会九州支部表彰    商業施設技術団体連合会表彰

図5-2.png
三宅学部長祝辞           担任祝辞


 閉式後、お世話になった先生方へ感謝の気持ちを伝えたり、学生同士写真を撮ったりしながら別れを惜しみました。

図6-2.png

卒業生のみなさん、ご卒業おめでとうございます!

大学生活4年間での学びや経験を活かして、社会で活躍してくれることを期待しています!

図7-2.jpg

2020年3月12日

人間生活学科 門司中央市場での店舗運営報告

 前田研究室では、リノベーションによる地域活性化活動の一環として、門司港にある築60年の商店街「門司中央市場」内に活動拠点を置いて、3年間活動をしています。
 2019年度の活動では、活動拠点の貸し店舗を活用して、4年生3人がハンドメイドアクセサリーを売る店舗を運営しました。 
 企画から店舗ディスプレイ、商品の製作・販売、広報・宣伝まで全てを3人で分担し、店舗のディスプレイは3年生の協力を得て完成させ、8月3日に「クライン(klein)」の名前で開店しました。

図1.jpg

店舗外観

 販売するアクセサリーは主にレジン液を使った指輪やイヤリングで、商店街の存在を、若い女性達に知ってもらおう、というのが狙いです。店は毎週土曜日に開き、平日は地域の方々にフリーマーケットとして貸し出しました。

図2-2.png
販売したアクセサリー

 隣のイベントスペースでは、毎月1回、本学の3年生が子ども向けの「子ども祭り」を開催し、スライムやプラ板ストラップ作りなど、小学生やお母様方を対象にした指輪やイヤリング作りなどの体験型イベントを開催しました。

図3-2.png
イベントの様子

 
今回の店舗運営では、instagramを活用した広報・宣伝の効果と、「子ども祭り」でのアクセサリー作り体験が人気だったことがあり、近隣のお母様方からの反応が多く、お子様方を介して地域に広く知られるようになりました。

図4.png
Instagram ハッシュタグ #klein #mojikoで検索!


 結果として、8月〜12月までの5ヶ月間で10万円を越える売上げがありました。しかし、店舗運営の目的はあくまでも「中央市場への若い方々の誘致」であって、売上額ではありません。その為、売上金額の内、地域の方に貸し出したフリーマーケットでの売り上げを差し引いた、8万円余りは、北九州市社会福祉協議会に全額寄付をすることにしました。

図5.jpg
寄付の様子

 
北九州市社会福祉協議会の常務理事に寄付金を手渡している4年生3名の写真です。この活動は来年度も継続予定で、彼女たちの後輩が引き継いでくれることになり、今後一層の活性化につなげたいと考えています。

2020年2月21日

人間生活学科 被服構成学実習Ⅰ セミタイトスカートが完成しました!

2年生後期の「被服構成学実習Ⅰ」の授業では、セミタイトスカートの製作を行います。
まず、授業の初回に採寸を行い、各自の体型に基づいて作図を行います。その後、仮縫いを行い、試着補正やパターン修正を行った後、修正後のパターンを用いて製作を行います。

1-2.jpg 2-2.jpg

3-2.jpg

授業の最終回では、製作したスカートを用いたトータルコーディネートとポージングを考え、プレゼンテーション・写真撮影を行います。コーディネートは系統の異なる2パターンとし、ポージングはファッション雑誌などを参考にしながら、先生と何度も打合せを行いながら考えます。

先日、セミタイトスカートが完成し、写真撮影会を行いましたので、その様子をお伝えします。撮影会では、披露されたスタイリングの中から一人3つまで「好きなスタイリング」を選び、投票を行いました。その中で得票数の多かった2名のスタイリングと学生の感想をご紹介します!

4-2.png 5-2.png
テーマ:ロマンティック・フェミニン  テーマ:アバンギャルド

スカート1つを作るのがこんなに大変なのかととても実感しました。
大変なことばかりで上手くいかず時間も他の人の倍ほどかかってしまいましたが、できた時の達成感と、ファッションショーの皆の個性やテーマがとても面白く、楽しい実習となりました。
(N・Nさん)

6-2.png 7-2.png
テーマ:クラッシック(図書館で勉強)  テーマ:アバンギャルド(同窓会)


今回、初めて服を作りました。本当に想像以上に作業が多くて遅れる自分に悲しくなる日々でした。しかし、完成したらすごく達成感を得ることができました。コーディネートは考えるのが難しかったけど、他の人のファッションを見るのは楽しかったです。
(A・Tさん)

この他にも様々なコーディネートが披露され、同じセミタイトスカートでも組み合わせる物やポージングによって印象が変化することの面白さを実感することができました。
作業工程も多く大変だったと思いますが、撮影会が近づくにつれて「完成が待ち遠しい」といった様子で、楽しみながら製作ができたようです。
被服構成学実習Ⅰで学んだ知識・技術を今後の被服製作に活かしていってほしいと思います。

8-2.png

2020年2月13日

人間生活学科 卒業研究発表会が行われました

1月30日(木)、「令和元年度 家政学部 人間生活学科卒業研究発表会」が九州女子大学思静館にて行われました。
今年度は1会場に人間生活学科の全学年の学生と教員が集まりました。発表会の運営は3年生が中心となり、受付や計時、マイク係などを協力して行いました。

人間生活学科では、3年生で衣・食・住・教職の分野にそれぞれ分かれてゼミ所属し、自分が研究したいテーマを設定し、単独もしくは共同で研究を行います。
研究テーマは幅広く、アンケートによる実態調査、意識調査、模型製作、地域や学校との連携における取組報告など、様々な発表があり、興味深いものばかりでした。

1-2.jpg 2-2.jpg

3-3.jpg 4-2.jpg

1年生にとっては今後学びたい分野や研究について考える機会となり、2年生にとっては来年度からのゼミ配属について考える場となりました。3年生は来年には自分たちが発表する立場になることもあり、先輩の発表から研究の進め方や発表方法など、様々なことを学んでいました。

下級生は、事前に論文の要旨集を読み、疑問に思ったことや発表を聴いて興味が湧いたことなどを積極的に質問していました。4年生は緊張しながらも、これまで取り組んできたことをしっかりと自分の言葉で伝え、先生方や後輩からの質問にも落ちついて丁寧に答えており、その姿は頼もしく感じられました。

5-2.jpg 6-2.jpg
7-2.jpg 8-2.jpg

全発表が終了後、先生方からの講評があり、4年生は真剣な表情で聴いていました。
先生方からは、今回の卒業研究で得たことを発表会終了後も大切にし、次のステップにつなげてほしいとお話がありました。

9-2.png 10-2.png

卒業研究を行う中で、自ら課題を設定し問題の解決につなげる力や、限られた時間の中で研究成果をまとめ、研究内容を知らない他者に分かりやすく伝える力など、様々な力が身についたのではないでしょうか。ここで培ったものは今後、社会でも発揮してほしいと思います。

11-2.jpg

2020年2月10日

人間生活学科 調理学実習Ⅲ 実技テスト ~ねじ梅~

 調理学実習の授業では、調理技術の向上や教員採用試験対策のため、実技テストを行っています。先日の調理学実習Ⅲ最後の授業では、4分間で1個人参のねじ梅を作るテストが行われました。ねじ梅は、人参を梅の花びらの形にきり、花びら部分を立体的に見えるよう切り込む飾り切りです。このねじ梅の実技テストは、制限時間を調理学実習Ⅰでは7分、調理学実習Ⅱでは5分、調理学実習Ⅲでは4分と実習をかさねるごとに難易度をあげて行っています。家庭科教員採用試験の調理実技試験で「ねじ梅」を出題する自治体もありますので、将来教員を目指す学生への対策にもなっています。また、ねじ梅は家庭での調理にも活かすことできる技術でもあるので、習得することで学生の自信にもつながります。調理実習Ⅰで初めて行ったねじ梅のテストの時は、「梅の花びらの形がうまくできない」「時間が足りない」という学生もいましたが、今回は全員が時間内にきれいなねじ梅を完成させることができました!

1-2.png 2-2.png
   実技テストの様子      出来上がったら写真を撮り記録します

 実技テスト後は毎回必ず写真を撮り、一人一人が調理スキルカルテを作成し、自己評価を行います。スキルカルテにはこれまでの実技テストの結果がすべて記録され、いつでも自分の成長を振り返ることができるようになっています。

3-2.jpg 4-2.png
 すべての実技テスト終了☆      完成したねじ梅がこちら↑↑

 

 実践を通して学んだことは、学生にとって大きな自信となったことと思います。教員採用試験やこれからの食生活に繋げていってくれたらと期待しています!

5-2.png
     最後にみんなで写真を撮りました(*^-^*)

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加