2021年4月16日

令和3年度 新入生を迎えて!!

人間基礎学専攻へのご入学、おめでとうございます。

新入生にとって、大学生活が始まりました。4月8日、9日に新入生研修を実施しました。
初日、これからの専門的な学びを始めるにあたり、どの授業を受講しようかとたくさんの書類をみながら、大学での授業の履修についての研修がありました。

1日目:大学での時間割作成に初挑戦しています。

1.jpg
朝から先輩が後輩を迎えま~す

2.png
授業の履修指導、コロナ対策のため、複数教室に分かれて行いました。

3.jpg
受講する授業を決めていきます

4.jpg
先輩チューターからアドバイス受けています。

5.jpg
先生から免許資格取得の助言を受けています。

2日目、レクリエーションを通して、これから一緒に学ぶ仲間との交流を行いました

6.jpg
新入生体育館集合!ちょっぴり緊張!

7.jpg
友納学部長挨拶と講話

8.jpg
コロナ対策しながらレクリエーションの様子

9.jpg
ほんとう・うその自己紹介に拍手が起こりました。楽しかったです!
新入生の皆さん、人間基礎学専攻で夢を叶えていきましょう!

2021年3月24日

第53回九州女子大学 卒業書作展(報告)

図1.jpg2月28日(日)に、恒例の卒業書作展が終了しました。
来場者は、500名ほどで大盛況でした。

本来なら、例年通り、
九州国立博物館での開催予定でしたが、
コロナ禍ゆえ、昨年10月末に急きょ、
場所の変更を余儀なくされました。

そのため、会場決めに奔走しながらの作品制作でした。

会期中は、本学園の理事長をはじめ、九州国立博物館の島谷館長や
大学や高校の関係者ほか、多くの来場者があり、
学生にとっては、ほんとうに思い出深い展覧会になりました。

ここでは、展覧会搬入から会期中のひとコマを
皆さんにご紹介します!!

図2.jpg
搬入前のレアなツーショット(いつも写真を嫌がる古木先生(^_^)v

図3.png
搬入終了後、記念の一枚。何のポーズ??

図4.png
いよいよ開幕!!とりあえず、決めポーズで。

図5.png
館外でのPR中。

図6.png
生まれて初めて、自作の詩による創作とのこと(作者談)

図7.png
かなり思い入れが強い自作の詩。サウスポーで決めてみました。

図8.png
鑑賞者がいない時を狙って。シャッタ-チャンス!! 

図9.png
九州国立博物館 島谷弘幸館長がお見えになりました(みんな緊張気味)。

図10.png
ひとりひとり、ご丁寧に助言を頂きました。本当に有難うございました。

図11.png
吉田成美先生も駆けつけてくれました(学生、かなり嬉しそう)。

図12.png
同専攻の友人もたくさん駆けつけてくれました。
みんな、本当に有難う。

図13.png
身体で表現(;^ω^)?

図14.png
卒展リーダー3人組。いい笑顔(^-^)です。 

図15.png
会期終了直後。最後に「全員せいれーつ!!」。


書道をしている高校生のみなさん!!
九女にきて、われわれと一緒に、
書道を通して大学生活を楽しみませんか?

これからも「書道の九女」
応援宜しくお願い致します。

2021年3月 8日

人間基礎学専攻 4年生に大学生活を振り返ってもらいました!

図1.png
人間基礎学専攻4年生1名に、4年間の大学生活を振り返って、いろいろとお話を聞きました!今回は、医療事務として就職が決まった心理学コース所属のIさんです。
図2.png

図3.png

 心理学コースに所属しています。九女を選んだのは、興味のあった心理学の勉強をしながら教員免許状(国語一種)が取得できるところに魅力を感じたからです。また、資格支援プログラムで医療事務の資格も取得することができることを知り、そこにも魅力を感じました

印象深い授業は、心理療法の授業です。箱庭療法など様々な心理療法を体験的に学びました。実際に経験することで心理療法の奥深さを感じることができたと思います。

また、大学の授業と並行して、医療事務や漢字検定などの資格を取るために学習を進めてきました。就職活動を始める前に資格を取得したかったので、期間を決めて集中して臨み、無事に合格できました。自分の目標に向かって頑張れたことは、大きな自信につながりました。

部活は、アカペラ部に入り4年間活動しました。学園祭でコンサートをする以外にも、他大学との交流の機会が数多くあり、そこでたくさんのかけがえのない友人ができました。

4月からは資格を活かして、医療事務として就職が決まりました。安心して長く働けるというところに魅力を感じています。病院に来られた方々を、明るい笑顔で迎えられるように心がけたいです

図4.png

 以上、Iさんのインタビューでした。
 学祭でアカペラ部のコンサートを聞かせてもらったことがありますが、歌声がきれいで優しいのはもちろん、何より仲間と楽しそうに歌うIさんが魅力的でした。ぜひアカペラの活動も続けていってほしいと思います。
 これから、社会でご活躍されることを教員一同、期待しています★
図5.png

2021年2月26日

第53回九州女子大学卒業書作展(速報!!)~2月28日の日曜日まで~

いよいよ最終日が近づいてきました。
会期半ばですが、多くのご来場を頂きました。
本当に有難うございました。

最終日まで、出品者一同、皆さまのご来場を
心よりお待ちしております。

昨日(2月25日)、
「九女の書道」をいつも応援して頂いている
九州国立博物館:島谷弘幸 館長が、ご来場されました。

一点一点じっくりと見て頂き、
ひとりひとりに対して感想・ご助言を頂きました。

私たちにとっては、至福の時間(*^^*)でした。

図1.png
他の来場者も、館長のお話に聞き入っていました。

図2.png
一人ひとり丁寧に、ご助言を頂きました。

図3.png
制作者(学生)の質問に、館長が答えているところです。
この後、島谷館長は制作動画を見て、さらに驚かれていました。

図4.png
厳しくも優しいご指導を頂きました。

図5.png
最後に、館長と記念写真(*^^*) 


会 期:2月28日(日曜)まで。10:00~18:00
会 場:福岡県立美術館(美術館の駐車場有)

図6.png

2021年2月22日

人間基礎学専攻 4年生に大学生活を振り返ってもらいました!

図1.png
図2.png


国語書道コースに所属しています。九女を選んだのは、小さい頃から習っている書道を大学でも続けたいと思ったことに加え、人間基礎学専攻のオープンキャンパスに参加したことがきっかけです。書道部の先輩が、私のリクエストした文字を即興で書いてくれる姿に感動しました。このような先輩になりたいと憧れ、自分も入りたいと思いました。

 大学生活では、書道部の活動に力を入れました。中高生に書道を教えるボランティアでは、上手下手ではなく「習字を好きになってほしい」という気持ちで触れ合うよう心がけていました。また、書道の作品展に向けて、妥協せず最後まで諦めずに書き続けました。自分の限界を向きあうことは、すごくしんどい作業でしたが、その時支えてくれたのは同じ書道部の仲間や先生でした。本当に感謝しています。

就職は、地元で働きたいと思っていたため、地元の会社に絞った就活を行い、化粧品会社への就職が決まりました。就職後は、目の前のお客様一人ひとりを大事にし、喜んでいただけるように努めたいと思います。

図3.png

図4.png

図書館・情報コースに所属しています。幼いころから本が好きで、司書資格取得を目指して九女に入学しました。

図5.png大学の授業では、絵本の読み聞かせや、書評の発表をしたことが印象に残っています。より実践的な学びができました。授業外でも、先生方がとても親身になって教えてくれ、この大学を選んで本当に良かったと思っています。

カメラサークルに所属し、日常の活動に加えて大学祭の時に模擬店を出店し、サークルの宣伝や物品販売なども行いました。メンバー、それぞれの得意・不得意なことを理解し、役割を決めることでスムーズに進められました。この経験から、互いの得意・不得意をカバーし、協力することの大切さを学べたと思います。

この春からは、児童指導員として就職します。子どもが好きで、子どもと関わる仕事に就きたいと思っていました。大学生活で学んだことを生かして、一人ひとりの個性を大事にして、その子に合った指導をしていきたいと思います。

図6.png 
図7.png インタビューにお答えいただいた、Nさん、Sさんありがとうございました。人間基礎学専攻で、資格取得、サークル活動や部活に精一杯取り組まれた4年間でした。
 春から、就職先でご活躍されますように教員一同祈念しております。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加