2020年10月28日

人間基礎学専攻 令和2年度 キャリアセミナー開催!!

人間基礎学専攻では、
10月17日(土)に
2年生と3年生を対象に
キャリアセミナーを
開催しました。

キャリアセミナーは
「自分の進路や将来の在り方について考える機会を持とう」
という目的で毎年実施しています。

今回は感染症への対策として、
全員マスク着用、参加者同士の距離の維持、茶話会の中止
といった対応をとりながらの開催となりました。

中学校教諭、児童養護施設職員、心理系の大学院生、
一般企業経験者を経てからの大学院入学、
またオンラインの就職活動を乗り越えた先輩など、
様々な領域で活躍する卒業生・在校生を発表者に招きました。

さらに今回は、
職場を変えずに活躍している先輩、
転職して自分の夢に向かって再スタートを切った先輩、
学生時代に温めていたことの実現に向かっている先輩など、
職種だけでなくキャリアの面でもバラエティ豊かな話
聞くことができました。

図1-2.jpg
学科長あいさつ。
発表者も在学生も、ちょっと緊張気味でした。

図2-2.jpg
参加者同士距離をあけての参加です。

図3-2.jpg
中学校教諭の発表。
教育現場の現状と貴重な経験を聞きました。

図4-2.jpg
4年生の先輩による「オンライン就職活動」は、
在校生には、たいへん身近な内容でした。

図5-2.jpg
児童養護施設の先輩の話では、
子どもに対する深い愛情を感じました。

図6-2.png
会社を辞め、改めて大学院で研究を始めた先輩の話では、
就職や進路という事ではなく、「生き方」について学びました。

図7-2.jpg
大学院生による心理系大学院での活動についてのお話では、
どのような現状か知ることができました。

図8-2.jpg
発表後の学生たちによる質疑応答も、
積極的でした。

先輩方の話を通じて、「人間基礎学専攻」としての一体感を感じられる有意義な時間でした。
先輩方、本当に有難うございました。

参加した学生さんの感想(一部)です。

☆就職活動に関してだけでなく、社会に出てから経験したことについてのお話も聞くことができてとても貴重な時間になったと感じました。
☆一人ひとり良いことだけでなくリアルな意見が聞けたのでとても参考になりました。
☆自分がまだ何も知らないことが分かった。今やるべきことを実践し、行動にうつすべきだと学んだ。
☆自分の焦りに火をつけたのもあるし、先輩たちの言葉に鼓舞されたなと思いました。
☆6人の先輩方の話を聞いてみて、卒業してからの道はほんとに様々で、こういう進み方もあるんだなととても参考になりました。
☆生徒の気持ちを考えたり、保護者対応をよりよくしたりするために「今、ここで」自分にできることを取り組み、自分に合ったキャリアやルートを形成していきたいと思いました。
☆どの方のお話もリアルな現場のお話だったり、普通だったら聞けないメリット、デメリットなどを聞くことができ、これから自分が職業を見つける際にどのような点に着目して選べばよいかなどとても参考になりました。
☆今、実際に仕事をしている方からの話もとても貴重で、良い機会になりました。リアルな職業現場での声を聞き、リアルな将来について考えることのできるとても良い機会になりました。

※出席した学生さんたちは、鼓舞されたり、より努力する必要を感じたりと様々な印象を持ったようです。将来を考える貴重な機会になったのではないかと思います。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加