2017年8月15日

人間基礎学専攻 ~書道部恒例「書道に挑戦!!」 in 黒崎子どもの館~

さる、7月30日(日曜日・13:00~15:00)、九州女子大学・書道部の学生たち(20名)による、夏恒例の「子ども書道教室・書道に挑戦!!」を、北九州市立子どもの館(黒崎市)で行いました。

子どもたち、保護者の方々、総勢130名ほどの参加でした。

生まれて初めて筆を握って書く子どもの様子に、つい笑みが...。

周囲は関係なく集中して書く子ども、兄弟姉妹で一緒にワイワイ楽しく書く子ども、また、子どもが書く様子を見て、保護者の方もついつい筆をもって、書道を披露...。

2時間があっという間に過ぎてしまいました。

1.jpg

寄せ書きの準備中。

2[1].jpg

4年生も、就職に向け忙しい中、手伝いに駆けつけてくれました。

3[1].jpg

いよいよ教室スタート!子どもたちがドッと押し寄せました。

4[1].jpg

生まれて初めての、第一筆!!! 

5[1].jpg8[1].jpg

6[1].jpg7[2].jpg

9[2].jpg10[1].jpg

11[1].jpg13[1].jpg

12[1].jpg16[1].jpg

14[1].jpg15[1].jpg

17[2].jpg18[1].jpg

思い思いの文字や絵が...

19[2].jpg20[2].jpg

「寄せ書きコーナー」は、あっという間に人だかり!!

みなさん、来年1月の書初め教室で、また会いましょう!!! 

2017年7月31日

人間基礎学専攻 学校図書館体験学習

7月19日(水)~21日(金)の3日間、九州女子大学に隣接する自由ケ丘高等校の図書館において、体験学習を行いました。

学習内容は、蔵書点検。毎年在庫管理のため、バーコードリーダーを握り、1冊ずつ、本のバーコードを読み取り、本が紛失していないか確認する作業です。

IMG_7216 - コピー.JPGIMG_7217 - コピー.JPG

今回の体験学習には、図書館司書課程の1年~4年生までの希望者でしたが、その中には自由ケ丘高等学校を卒業した学生が多数参加しており、「お世話になった学校だから」、「大学生の自分を担任の先生に・・」など各自の思いを胸に高校での学習を行いました。

もちろん校舎の中を歩けば、知っている先生から声かけられたり、声をかけたりとちょっとした母校訪問にもなりました。

2017年7月10日

人間基礎学専攻 「情報サービス演習Ⅰ」 図書館司書課程3年生図書館見学

今回は、授業のひとコマ、「情報サービス演習Ⅰ」で行われた図書館見学の紹介です。

九州女子大学・九州女子短期大学附属図書館のレファレンス・コレクションと、隣接する九州共立大学附属図書館のレファレンス・コレクションの比較研究をするために図書館見学を行いました。

1 - コピー.jpg

図書館の入り口前、これから始まる見学前に、みんなで記念撮影。


2 - コピー.jpg

九女大の入館方法とは違い、バーコードを読み込ませての入館です。

3 - コピー.jpg4 - コピー.jpg

館内を見学する前に図書館員からの説明を受けました。その後、館内を探索しました。


5 - コピー.jpg

書庫も探索します。


6 - コピー.jpg

見学終了後、レファレンス・コレクションを前に、満面の笑みでポーズ。

「こんな司書になります!!」

2017年6月13日

人間基礎学専攻 教員をめざして!!

本専攻には、自身の夢の実現をめざし、日夜努力している学生が多数います。今回は、教員をめざしている学生をクローズアップ!!

1.png

講義の合間や講義終了後には、自然と集まり勉強会を行っています。


2.png

例えば、ひとつの課題に対し、みんなで議論しながら進めることも。


3.png

このように、いくつかのグループで、それぞれの課題に取り組んでいます。

【指導教官のコメント】

教員採用試験まであと1ヵ月を切りました。

国語の教員採用試験を受験するメンバーは、毎日9時30分~20時まで自習室で自らの学習計画に基づいて勉強を頑張っています。

学習指導要領、漢文の白文訓読、古文読解や過去問解答をはじめ、教職教養の学習にも余念がありません。

残された期間を有意義かつ効果的に活用して、是非とも目標を実現して欲しいと願っています。


4.png

写真は、学習指導要領を覚えるために4年生が作成しました。

これで学習指導要領はばっちりです!

教員採用試験は目前。

みなさん、体調に気を付けて頑張ってください!! 

2017年5月25日

人間基礎学専攻 「心理学概論」の授業紹介

認知は、環境の事物・事象あるいは自己の状態について、さまざまの感覚からとらえ、これらを過去経験と照合し、個に固有な処理形式に従って分析解釈しつつ知識体系の中に取り入れていく問題解決に用いていく過程であります。

今回の授業では、認知の処理法、発達的視点、社会心理学的視点,臨床心理学的視点など様々な視点から学ぶことができました。

ペアを組んで体験をしながら,気づきについて互いに討議しながら楽しく学ぶことができました。

1 - コピー.jpg

2 - コピー.jpg3 - コピー.jpg

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加