2020年3月26日

令和元年度 留学生を見送る会

人間基礎学専攻では、留学生を見送る会を行いました♪

kiso1.jpg

卒業後の新生活の準備などで、残念ながら参加できなかった留学生もいますが、2名が参加しました。

kiso2.jpg

しばし歓談ののち、留学生から先生方に感謝の言葉がのべられました(^^)

kiso3.jpg

kiso4.jpg

最後に、先生方より2人に、はなむけの言葉が贈られました(^^)

kiso5.jpg

kiso6-1.jpg

2020年3月25日

人間基礎学専攻 令和元年度 卒業証書・学位記授与式が行われました!

3月18日(水)人間基礎学専攻 令和元年度 卒業証書・学位記授与式が行われました!

今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、規模を縮小した形で行われた卒業式でしたが、お天気にも恵まれ、青空のもと晴れ着姿がきれいに映えました(^^)photo1-1.jpgphoto1-1.jpgphoto1-1.jpg

photo2.jpg

人間科学部の全体式では、はじめに学長・学部長よりお言葉をいただきました。
続いて、保護者会の会長様よりご祝辞を賜りました。

photo3.jpg

全体会を終え、各専攻に分かれて、卒業証書・学位記の授与が行われました。
はじめに、学科長よりお言葉がありました。

photo4.jpg


次に、各ゼミの先生から、ゼミ生へお言葉がありました。

photo5.jpg

その後、学生より感謝の言葉とともに、先生方へ花束が贈られました( *´艸`)

photo6.jpg

卒業生、並びに保護者の皆さま、ご卒業誠におめでとうございました!
皆さまのご活躍とご健勝を教員一同、心より祈念しております。

photo7.jpg

2020年3月11日

【ご報告】~第52回 卒業書作展 IN 九州国立博物館~ 来観者 4,530人 

【ご報告】~第52回 卒業書作展 IN 九州国立博物館~ 
                        来観者 4,530人

令和2年2月11~16日の6日間、本大学恒例の卒業書作展が、九州国立博物館において開催されました。

九博館長をはじめ、「九女の書道」ファン、OG、九女・学園関係者、大学関係者、高等学校書道教諭、書家、篆刻家の方々・・・はもちろん、海外からの来観者もあり、たいへん充実した展覧会になりました。

ご来場、本当に有難うございました。

図1-2.png

      展覧会終了直後、全員のshot!!


図2.png

作品点数も展示スペースも、今までで最大規模
卒業生14名50点近くの作品を仕上げました~!!


図3.png

夕方になっても、来観者が後を絶ちません(;^_^A


図4-2.png

作品の前で(*^^*)  ※実は...カメラマン、島谷館長です。。。

図5-2.png

上で撮られている作品は、実はこれ!!「般若心境」。



これからも、「九女の書道」への応援を宜しくお願い致しますm(__)m

このブログを見て頂いた高校生のみなさん、是非、九女で書道をしませんか?

そして4年生の最後に、一生に残るすごい思い出をつくりましょ~う!!

**********************

4年生のみなさん!!これからもますます知識と技術を磨いて、「書」を一生の友とし、

社会で活躍されることを教員一同願っております!! 

 「九女の書道」ファンのみなさん、来年度の卒展も、是非、楽しみにしていて下さい。

以下、賛助作品と学生作品の一部をご紹介します。
(展覧会では、ひとりが漢字書仮名書漢字かな交じり書の各分野を必ず一点は仕上げています)

図6-2.png

【賛助作品】古木青翰先生

図7.png

【賛助作品】大迫閑歩先生

図8-2.png

【賛助作品】吉田成美先生


図9-2.png

【賛助作品】黒木了斎先生       【賛助作品】野田正行先生


図10-2.png

図11-2.png

図12-2.png

図13-2.png

図14-2.png

図15-2.png

2020年3月11日

2019年度 大学院合格者レポート② 春から、大学院生!!(留学生)

図1-2.png

大学院で、心理学の専門性をより深め、卒業後は日本で仕事したいという留学生にインタビューを行いました!

図2-3.png

図3-2.png 日本のアニメやドラマ、アイドルが好きで、日本に住みたい!と思い留学しました。
 また、子どもが好きなので、心理学コースに所属し、子どもと関わる仕事がしたいと考えていました。そんななか、心理学の授業で「動作法」を知り、興味を持ちました。動作法の訓練会にも何度か参加して、自閉症の子どもたちと関わっています。
 自閉症の子どもは裏表がなく、一緒にいるとこちらの気持ちが落ち着くので好きです。
 将来は、大学院で知識と経験を深め、自閉症児とその家族の支援をしたいと思っています。

図4-2.png九州女子大学では、中国人の先生やカウンセラーがいたので、困ったことがあれば、すぐに相談できました

また、専攻主催の「留学生と日本人学生の交流会」(←交流会の様子はこちらをクリック)では、中国人の先輩や後輩、日本学生とも繋がりができ、友達がたくさんできました!☆

ほかにも、北九州市が行う留学生支援のひとつ、「留学生にこにこ家族」に参加して日本の家庭と交流をしたり、能楽教室にも通ったりしています。

このような活動を通して、多くの素敵な人と出会うことができました。本当に九州女子大学に来てよかったと思っています。

大学院受験では、英語が苦手なので、高校英語を一から復習し、苦労しました。

図5-2.png後輩へメッセージ

九州女子大学の先生方は、親切で、いつも学生のことを考えて対応してくれます。また、日本に来て、友人や尊敬できる人とも出会え、とても有意義でした。



**********************

大学院合格、おめでとうございます!ボランティアや、能楽教室などなど積極的に活動され、多くの方と出会い、とても有意義な留学生活だったようですね!

大学院に進学されて、より一層心理学の知識と実践を極め、社会でご活躍されることを教員一同願っております!図6.png

2020年3月 2日

2019年度 大学院合格者レポート① 春から、大学院生!!

図1-2.png

大学院で、心理学の専門性をより深め、卒業後は社会で活躍したいという学生にインタビューを行いました!

図2-2.png

図3-2.png 

 高校生の時から大学では心理学を学びたいという思いがありました。やるからには極めたいなと考えていた時に、父に勧められたのがきっかけで進学を目指すようになりました。

 大学の4年間では、「中高生の居場所活動ボランティア」に携わり、他大学の学生と協力し、企画・運営を行っていました。

 実際に高校生と関わるなかで、「もっと心を開いてもらいたい」と思い、授業で学んだ心理学の知識を実践に活かしていました

 これまで、あまり積極的に人に話しかけたりなどしなかった私ですが、ボランティを通していろいろな人と話すようになり、いつしか人と関わることが面白いと感じるようになりました。

 大学院卒業後は、公認心理師の資格を取り、人のために働きたいです!


 大学院進学に向けての勉強は
、専攻主催の大学院進学勉強会に参加し、臨床心理士関連のテキストをノートにまとめることから始めました。

少しの時間でもいいから、とにかく毎日勉強をするということを心がけ、分からないことは積極的に先生方に質問するようにしていました。



後輩へメッセージ!
受験勉強は辛かったり苦しかったりすることが多いと思いますが、今やっていることは決して無駄にはなりません。自分を信じてやり続ければ、結果はついてきます。応援しています!

図4-2.png

**********************

大学院合格、おめでとうございます!大学院でより一層、心理学の知識と実践を極め、社会でご活躍されることを教員一同願っております!
図5.jpg






バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加