2019年6月15日

人間発達学専攻 教員採用試験対策 業者委託講座の様子

 教職を志望している学生にとって、教員採用試験まで2か月を切りました。また、1年~3年生も、計画的に教員採用試験に向けての勉強に取り組んでいます。

 大学での講義以外に、教員を目指す4年生のほとんどの学生は、4月18日~5月20日のうち、10日間、業者委託の直前強化対策講座を受講しました。

 時間帯は、18:20~19:50までで、夜、暗くなるまで講義を受けました。立ち上がりからとてもハードな毎日が続きましたが、教職に就くという目標に向けて、みんな歯を食いしばって頑張りました。今後も目標達成に向けて邁進するのみです

 また、1年生~3年生も4年生に負けじと、多くの学生が学力充実講座に申し込み、4月22日から12月23日まで、毎週月曜日、講座を受けることになります。

1-2.jpg

真剣に講義を受ける4年生の皆さん

2-2.jpg

4年生に負けじと教採対策に取り組む1~3年生の皆さん

2019年6月13日

新任教員のご紹介(樋渡 由貴 先生)

今回は、今年度新しく人間発達学専攻に着任された、樋渡由貴先生のご紹介です☆

<自己紹介>

みなさん、はじめまして。
樋渡 由貴(ひわたし ゆき)と申します。
4月より本学に着任いたしました。

専門分野は臨床心理学で、臨床心理士の資格を持っています。
臨床心理士という言葉、聞きなれない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
医療、教育、福祉など、さまざまな領域でそれぞれの役割があるのですが、私はこれまで、心療内科や大学でのカウンセリング、地域の保健センターや小学校での、子どもたちの発達に関するアセスメントに携わってきました。

本学では、心理学に関する授業のほかに、保育所実習関連の授業も担当します。

1-2.jpg 2-2.jpg
↑ 樋渡先生の研究室はキレイで明るい雰囲気です☆

<授業について>
本学科では、教師や保育者になりたいという学生さんがたくさんいます。
そのため、子どもたちや保護者の気持ちに寄り添えるような教師や保育者になりたい!と心理学に関心を持ってくれている人が多いのではないかなと思います。
どの授業においても、みなさんが必要としている知識を伝えていくことはもちろん、その知識が一人ひとりの実感を伴った理解につながるような授業を心掛けています。

************************

<樋渡先生に質問コーナー

先生のご趣味は何ですか?

乗り物が好きです。
飛行機、電車、バス、車、自転車などなど、乗り物に乗って出かけることが一番の気分転換です。そして、歩くことも好きです。高いところが苦手であるにもかかわらず、山に登ったりもします。



九女の学生の印象は?

落ち着いていて、女性らしい、まさに「九女なでしこ」といった印象です。



学生に一言お願いします!

私は、最近になって少し、大学での学びや成長を実感することがあります。
今やっていること、選んだことがよかったかどうかは、なかなかすぐにはわかりません。
何かに悩んだときは、きっと大丈夫!と自分を励ますことができるように、学生生活、まずは自分を知るところから始めましょう。


************************

以上、樋渡先生のご紹介でした~♪これからもどうぞよろしくお願いいたします!!

2019年5月21日

人間発達学専攻 教員採用試験対策 強化学習で気合を入れました!!パート2です。

 4月13日、「強化学習」で、教員採用試験の合格を目指す人間発達学科4年生47名が北九州市、福岡県、他府県の3つのグループに別れて、午後から、それぞれの自治体特有の試験対策をスタートさせました。

 日ごろ同じ講義を受けたり、部活動やボランティアをしたりなど、交流がある人も多くいますが、今回、同じ自治体を目指す仲間として、初めて親しく話をしたという学生もいたことでしょう。ラウンジでの昼食の時間は、グループごとのテーブルで、話が弾み、同じ目標に向かって頑張ろうという絆を強くしました。

 昼食の後は、北九州グループ(担当...佐方先生、本多先生、萬德先生)は、集団面接。福岡県グループ(担当...鎌田先生、城先生、内田先生)は集団討論。他府県グループ(担当...黒田先生、蒲原先生)は学科、個別対策について演習を行いました。。

 以下の写真は、それぞれの活動内容の様子の一部です。

1.jpg

楽しい昼食会の様子(他府県グループ)

2-2.jpg

学科対策に取り組む他府県グループの学生の皆さん

3-2.jpg

集団討論の練習をする福岡県グループの皆さん

4-2.jpg集団面接の練習をする北九州市グループの皆さん

2019年5月20日

人間発達学専攻 教員採用試験対策 強化学習で気合を入れました!!

 小学校や特別支援学校の教師を目指している学生にとって、教員採用試験まで3か月余りとなりました。その日に備え、人間発達学科4年生47名が参加し、4月13日(土)に本学耕学館で「直前強化合宿」が行われました。

 内容は、午前中に開会行事、特別支援教育の講義(鎌田先生)、エントリーシートの書き方(内田先生)、実技(音楽・体育・英会話)について(城先生、本多先生、佐方先生)を行い、昼食時間には、教採頑張ろう会ということで、ラウンジで昼食を取りながら連帯感を高めました。そして、午後からは、志望する自治地ごとにそれぞれグループに分かれて、集団面接・集団討論・学科、個別対策について演習を行いました。最後に、今後の取り組みについて城先生からお話をいただき、中身の濃い1日を過ごしました。

 この日、「チーム九女」の合言葉のもと、教員採用試験に向けて一層頑張ろうちう気持ちを強くした一日でした。

 以下の写真は、それぞれの活動内容の様子の一部です。

1.jpg

鎌田先生による特別支援教育の講義

2.jpg

鎌田先生の講話を熱心に聞いている学生の皆さん

3-2.jpg  4-2.jpg
内田先生によるエントリーシートの書き方 佐方先生による英会話の実技

  

5-2.jpg  6.jpg
   城先生による音楽の実技  本多先生による体育実技についての説明

2019年5月16日

新入生学外研修:自分の目標に向かって粘り強くチャレンジ

平成31年4月8日(月)、9日(火)。
入学式が終わり、週が明けると、新入生はさっそく学外研修へと出かけました!
目的地は大学から大型バスに乗って30分ほど、
宗像市にあるグローバルアリーナです。

毎年、新入生と専攻教員、そしてお手伝いに来てくれた3,4年生が、
ここで1泊2日を過ごします。

この研修の目的は、新入生一人ひとりが現時点での自分の進路を
明確にすること。
自分の目標を意識すると、それが軸となり、日々の大学生活を
自分らしく過ごすことへとつながります。

また、どんな授業を受けようか、自分が欲しい資格・免許に必要な単位は?など、学業に関する情報を、教員や先輩たちにたくさん聞くことができるのも、この研修の良いところです!

さらに、新入生はこの研修で「マシュマロ・チャレンジ」にも
挑戦しました!
「マシュマロ・チャレンジ」とは、パスタを使ってできるだけ高い塔を
つくり、上にマシュマロを乗せてその高さを競うゲームです。

発達学外研修1.jpg

グループに分かれ、制限時間の中で作戦を練り、実際にパスタを組み立てていきます。

まだまだ知り合ったばかりのメンバーですが、どのグループもお互いに
意見を出し、その意見を融合させて、少しでも高く!と気持ちを一つに取り組んでいました。

高くても、低くても、途中で崩れても、最初から立たなくても、新入生のチャレンジ精神に、とにかく笑いが絶えない楽しいひとときとなりました。

発達学外研修2-2.jpg

どんな場面でも、物事をよりよく遂行していくために、
まずは計画、次に実行、そして評価、その後の改善が求められます。
今回の「マシュマロ・チャレンジ」でそれを体験したように、これから自分の目標に向かって、何事も粘り強くチャレンジしていきましょうね!

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加