2017年10月20日

人間発達学専攻 スキルアップ講座J(保育教育実践演習)
~山口とも氏によるワークショップ~

人間発達学専攻では、1年生を対象にスキルアップ講座Jという授業があります。この授業では、「主体的に考え、問題解決に向けて仲間と協力して取り組む」ことを通して、保育者・教育者としての学びを深めることを目的としています。

 【参照記事】
スキルアップ講座J(保育教育実践演習)始動![8月10日更新]

今年は、主体的に考えること、そして身の回りのモノに対する視点を変えるようなきっかけを作ることをねらいとして、特別講師として山口とも氏をお招きして特別授業を行いました!

山口とも氏は、廃品を楽器として生まれ変わらせるユニークな打楽器奏者として東京を中心に活躍されているミュージシャンです。子どもから大人まで楽しめる音楽を目指して全国様々な場所で演奏活動・公演を行いながら、NHK教育テレビ「ドレミノテレビ」に「ともとも」の愛称でレギュラー出演をされるなど、メディアなどへの出演も豊富な方です。

ともさんオリジナルの廃品楽器による演奏も行ってもらいました。いつも使っているモノや何気なく捨ててしまうモノが色々な音を出して独特の音楽を奏でる様子に学生もすっかり取り込まれていました。そして、それぞれの楽器を作成したヒントやともさんの「音を楽しむ」という考え方に触れ、参加した学生や近隣の保育所の先生方にとっても「こういう考え方や楽しみ方があるんだ!」といういい機会になったのではないかと思います。

授業では、ペットボトルで作るシェイカー(ペッカー)を作りました。

17102001.jpg

ペッカー作成中。ペットボトルの形も、作る大きさも、中に入れる素材も作る人によって違います。世界に1つだけのオリジナル楽器です。

17102002.jpg

17102003.jpg

ペッカーを作ったら、みんなで一緒に音を鳴らしてみたり、グループそれぞれの音を作って発表したりと、あっという間の3時間でした!

小さい頃、ともさんをテレビで見ていた学生や、今回初めてともさんの音を聴いた学生、様々でしたが、みんなとても楽しそうに参加していました。

ともさんの「身近なモノで音を楽しむ」という発想を持って、身の回りを眺めてみるとこれまでと違った見え方を体験できました。このような体験や経験を、今後の保育や教育を考えていくことに大いに繋げて欲しいと思います。

ともさん、また九女にいらしてください!!

17102004.jpg

2017年10月10日

人間発達学専攻 授業紹介:「障害者の病理・保健」

人間発達学専攻では小学校教諭免許、幼稚園教諭免許と併せて、特別支援学校教諭免許の取得が可能です。
毎年30名程度の学生が特別支援学校教諭免許を取得して卒業していきます。

特別支援学校では子どもたちに身体的な支援をする機会が多くなるため、特別支援学校教諭養成関係の授業では、一部実技体験的授業を取り入れています。

特別支援学校の子どもたちは様々な障害を抱えており、その程度も一人一人異なっています。
ADL(日常生活動作)が自立していない子どもたちにも、教員として関わります。
「障害者の病理・保健」の授業では、特別支援学校の子どもたちの病気のしくみ、感覚特性、保健衛生に必要なことなどを学びます。


17100901.jpg17100902.jpg

17100903.jpg

これは「はみがきの介助」です。

歯磨きの前の口のまわりの脱感作の方法から、学生同士「子どもの立場になって」歯磨きをしてもらいます。
体験をお互いに伝え合うことで、言葉を話すことができずADLが自立していない子どもを支援することの意味を理解します。

2017年9月30日

人間発達学専攻 新任教員のご紹介:一般教育学・黒田耕司先生

人間発達学専攻は、本年度より新たな先生方をお迎えしさらにパワーアップしました!
新任の先生方は、授業はもちろんのこと教員採用試験対策や細やかな学生相談の実施など大活躍です。
今回のブログでは、黒田耕司先生をご紹介いたします。

○自己紹介

この4月に、県内の大学から赴任して参りました黒田です。専門は一般教育学です。
一般教育学は、国語や算数などの教科教育学などの教育学の対象に共通していることがらを研究の対象にしており、教育について全体的に理解する場合に必要となる学問です。

小学校や特別支援学校の先生、幼稚園の先生や保育所の保育士などになりたい人、そして教育について学びたい人、一緒にこの一般教育学を学びませんか。どうぞよろしくお願いいたします。

170928.jpg

・・・

いつも優しい笑顔で学生に接している黒田先生は、豊かな教養と教育に対する情熱に溢れています。これからも人間発達学専攻において、学生の皆さんのために活躍してくださることと思います。

人間発達学専攻は、常に高校生の皆さんが安心して入学できる大学、保護者の皆さんが預けて良かったと思える大学を、目指しています!

2017年9月29日

人間発達学専攻 新任教員のご紹介:理科教育・蒲原路明先生

人間発達学専攻の素敵な先生方を紹介致します!

1.自己紹介

私は、北九州市の公立小学校の教師や管理職、また北九州市教育委員会の指導主事、附属小倉小学校の教官、副校長などの職を務めました。
これまでの経験を生かした授業づくりをしたいと考えています。趣味は、天気の予測や楽器の演奏などです。


1.png

2.専門の領域、本学での担当科目

専門は、理科教育です。
小学校では、「科学する心と力をもった子どもを育てる理科授業の創造」をテーマに、子どもが主体的な問題解決活動を行う授業を目指して実践研究を行ってきました。
理科の学習は、身近にある自然の事物・現象を対象に、自ら問題をもち、主体的に解決する教科です。自ら追究し、発見する喜びを味わうことのできる理科学習、科学的な見方や考え方の育つ理科学習を追究していきましょう。

担当教科は、理科教育概論、理科指導法、生活科指導法、保育内容(環境)などです。

・・・・・

蒲原先生の授業を通して、学生たちは、また一つ理想の先生像を見つけたようです。

そして教員採用試験対策講座においても、蒲原先生の丁寧な指導を通して学生たちは教師として必要なる力を身につけています!

これからの蒲原先生の活躍に大注目です!!

2017年9月29日

人間発達学専攻 新任教員のご紹介:体育科教育・上村沙織先生

人間発達学専攻の素敵な先生方を紹介致します!


1.自己紹介をお願い致します

この4月より、広島女学院大学より参りました、上村沙織と申します。専門は体育科教育です。
児童はもちろんのこと、学生の皆さんにとっても、身体を動かすことは非常に大切です。
運動の面白さや大切さを児童に伝えるための手法と共に、皆さん方が生涯を通して楽しみながら身体を動かすことができるようにお手伝いできればと思っています。

1.png


2.専門の領域、本学での担当科目をお教えください。

私の専門領域は、幼児期の身体活動と生活リズムです。生活リズムを整えるための身体活動の役割に注目して研究を進めております。本学でもゼミ生と共に実践に根差した研究活動を行いたいと思います。

2.png

上村先生の落ち着いた雰囲気と包み込むような優しい眼差しは、人間発達学専攻の学生たちに早くも大人気です。
上村先生の授業を通して、学生たちはまた新たな学びを獲得しています!

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加