2021年4月30日

人間発達学専攻 新入生学内研修①

新年度の4月、新入生にとっては、「大学の学びって高校までとどう違うの?」「履修って何?」と、たくさんの?が浮かび上がります。人間発達学専攻では、授業開始の前に、新入生学内研修を2日間に渡って実施し、新入生の仲間作りの時間を用意し、大学の学びに関する理解、取得する免許の確認、履修計画、履修方法に関する理解を進めるための時間を用意しています。以下、令和3年度の新入生学内研修の様子を紹介いたします。

1.jpg

新入生学内研修一日目
蒲原学科長からの講話。九州女子大学の学是「自律処行」に関する説明が行われ、本学で意欲を持って学んで欲しいと激励の言葉がありました。

次は、新入生同志の仲間づくりための時間。
令和3年度は、「Stay Playful ! (遊び心を忘れない)」をテーマに、グループワーク「洗濯バサミチャレンジ」が行われました。
この活動は、一人につき90個用意された洗濯バサミ(総計1万個)で思い思いに表現活動をした後、チームとなって「自立型のタワーを作る」という活動です。
企画者の想定を超えて、個性的かつ創造的な表現が行われ、また驚くほど見事な自立型のタワーが完成しました!

洗濯バサミチャレンジの様子!
2.png
個性的な表現がたくさん!

3.png

見事な自立型タワーが完成しました。高さの最高記録は100cmでした!
これらの活動を通じて、新入生の皆さんに知って欲しかった事柄を、次のスライドで説明しました。

4.png

洗濯バサミチャレンジの後、この活動の企画担当の教員から新入生に向けて、それぞれの苦手なこと自信のないことに関して、その「凝り固まった」マインドセット(無意識な物事の捉え方や考え方)をリセットし、「しなやかな」「成長型」のマインドセットにバージョンアップすることの必要性が伝えられました。
コロナ対策のため、手袋、マスクを着用し、最低限度の会話で進められたグループワークでしたが、たくさんの笑顔と、生き生きした表情で新たな仲間と会話する新入生の姿が印象的な時間でした!

この仲間作り、意欲を持って大学での学びをスタートすることを確認した後、具体的なコース説明、取得可能免許の確認、履修方法に関する講座が続きました。
詳細は次の記事で紹介いたします!

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加