2017年3月15日

人間発達学専攻 子どものための楽しい音楽広場

人間発達学専攻では、保育内容(音楽表現)の授業の一環として、「子どものための楽しい音楽広場」を企画・実施しています。
今年度も、2月2日(木)に本学50周年記念ホールにて公演を行いました。
当日は近隣の保育所から小さなお客様をたくさんお迎えしました。

17031401.jpg
公演開始直前。子どもたちは椅子に座りながらも期待や楽しみをおさえきれない様子です。

演じたのは本専攻2年生。幼稚園教諭免許を取得するためにこの授業を履修します。幼稚園教諭や保育所保育士は、日々の保育の中で必ず音楽活動をおこないます。
現場で子ども達に指導するためには、まずは保育者自身が音楽や身体を使って表現することができるようにならなければいけません。この講義を通して、音楽表現をより楽しく豊かに指導する方法や言葉かけの仕方を習得することを目的としています。


17031402.jpg 17031403.jpg
17031404.jpg 17031405.jpg
コーラスや器楽演奏、そしてオペレッタなど、それぞれの役割をしっかり演じて舞台を作り上げていました。


☆プログラム☆

オープニング(ラインダンス)
  ・・・「Rock around the clock」

みんなで歌いましょう
  ・・・「さんぽ」

器楽合奏・ハンドサイン・トーンチャイム
  ・・・「ドレミの歌」「大きな古時計」「聖者の行進」

みんなで遊びましょう
  ・・・「オプナリズム」

ボディーパーカッション
  ・・・「九女BDDP(学生オリジナル曲)」「カップスソング」

オペレッタ
  ・・・「ともだちほしいなおおかみくん」

エンディング
  ・・・「世界中の子どもたちが」


今回出演した2年生の多くは、2週間後初めての保育所実習に臨みます。この体験を実習でも大いに役立てて欲しいと思います。

最後に、ご来場いただきました保育園の園児のみなさん、先生方、ありがとうございました。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加