2014年1月 8日

人間発達学専攻
「子どもの育ちを考える会」第六回目を行いました!

 11月21日の「子どもの育ちを考える会」では,スペインのバルセロナ在住で,世界的に活躍しておられる九十九伸一氏をお招きして,「スペインの子どもの芸術的環境について」という演題でお話をしていただきました。
 「お話は苦手で…」とおっしゃっていましたが,言葉の一つ一つが生き生きとした力と彩りを持つ,大変魅力的なお話でした。
 
H25hattatsu_010801.JPGH25hattatsu_010802.JPG

 勉強を続ける意味について,「小さいテーブルには,小さい物しか乗らない。だから,しっかりしたテーブルを作るために勉強する。しっかりしたテーブルを作ることによって自然にしっかりしたものが乗る。」と九十九氏はおっしゃいます。学生の中からも,「しっかりしたテーブルを作っていきたいです!」という声が自然にあがりました。
 
H25hattatsu_010803.JPG


 日本から離れて,九十九氏の目に日本の子ども達はどのように映るのでしょう?「日本の子どもは,絵を見て,“どう見たらいいの?”とたずねる。物には機能があるのではないかと思っている。」との言葉に,マニュアルを学ばせるだけの教育ではなく,子ども達の「面白がる」感性を大切にし,そこから私たちも豊かに学べる教育者になりたいと思いました。

 これから社会に飛び立っていく学生達の心に九十九氏の「不可能なことはない。最初に想いを確立しなくてはならない。」というメッセージが真っ直ぐに届いたようでした。
 

H25hattatsu_010804.JPG

 「自分にとっての人生に正直に生きることがすべて。」とおっしゃる九十九氏。目には見えない,けれど貴重な,たくさんの贈り物をいただいた時間となりました。

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加