2018年2月 2日

子ども健康学科 保育内容(表現) 「表現発表会」

授業で取り組んできた成果を披露する「表現発表会」(50周年記念ホール)を120日(土) に行ないました。

保育者として生活発表会の内容を立案・計画・実践できるようになることを目的に、各クラスで年長・年中・年少それぞれの年齢に応じた内容・進行をオリジナルで考えました。

1(450) - コピー.jpg

本番当日、最初は緊張気味だった学生たちも、最高の笑顔で力を出し切りました。

2 - コピー.jpg3 - コピー.jpg

内容は、
ABクラスが
「ゆめをかなえてドラえもん(年中)」
「アンダー・ザ・シー、小さな世界&ハイホー、世界中のこどもたちが、世界がひとつになるまで(年長)」
「はらぺこあおむし(年少)」、

CDクラスは、
「ダンシングチルドレン(年少)」
「アンパンマンとゆかいな仲間たち(年中)」
「白雪姫(年長)」、

そしてEクラスが、
「レッツエンジョイミュージック♪(年長)」、
「超かっこいい人々(年少)」
「大きなかぶ(年中)」となりました。

4 - コピー.jpg5 - コピー.jpg

6 - コピー.jpg7 - コピー.jpg

8 - コピー.jpg9 - コピー.jpg

10 - コピー.jpg11 - コピー.jpg

曲ごとに趣向を凝らした衣装、振り付けに合わせて、観客も一緒に踊り、会場全体が楽しい空気に満たされました。

司会や劇のセリフなどは、子どもに伝わるような言葉で発表しました。学生は、別クラスの内容を見るのは初めてということもあり、「次は何かな!?」とワクワクした様子でした。

保育内容(表現)は、学生主体の実践的な授業内容となっており、9月から、キャスト・大道具・小道具などを分担し、特に発表会前にはリハーサルを繰り返し、授業時間外でも準備を行い本番に臨みました。

12(450) - コピー.jpg

演じ終わった学生たちは、やり切ったという達成感と安堵感に包まれていました。
卒業後、この経験が保育の現場で役立つことを願っています。

2017年11月27日

子ども健康学科 第7回 キャリア支援特別公開講座・リカレント講演開催!

11月4日(土)、第7回キャリア支援特別公開講座・リカレント講演が実施されました。

1 - コピー.jpg

公開講座には、ノンフィクションライターの秋山千佳先生をお招きし、「ルポ保健室 居場所を求める声なきSOS」のテーマのもと、子どもの貧困・虐待・性のリアルな現実について講演していただきました。

保育や幼稚園・学校教育の役割、保健室の意義など、保育士、幼稚園教諭、養護教諭を目指す学生には非常に心打つ話が多く、一時間半の時間が瞬く間にすぎ、質問にも熱が入る公開講座となりました。

2 - コピー.jpg

4 - コピー.jpg

また、一般の来場者の方の中には、保育園や幼稚園の園長先生、近隣の方が足を運んで下さり、「大変有意義な時間となりました」「来て良かったです」等の多数の言葉をいただきました。


午後は、本校卒業生のために、養護コースを丸井教授、保育コースを田中講師より講演していただきました。

それぞれの教育現場に持ち帰り実践できる内容の講義が和やかな雰囲気で実施され、卒業生は久しぶりの学び舎で学生時代にタイムスリップしているようでした。

5 - コピー.jpg

2017年11月20日

子ども健康学科 第57回 華秋祭開催!!!

11月3日(金)から5日(日)の3日間で大学祭「華秋祭」が行われました。子ども健康学科では、子ども達が楽しめるコーナーを設けて、多くの来場者の皆様に楽しんでいただきました。


1つ目はゲームコーナーで、ボーリングゲームと輪投げゲームを設けました。何度も繰り返しチャレンジする中で、コツをつかんでいく子どもさんの姿も見られました。
1 - コピー.jpg2 - コピー.jpg


2つ目は「おおきくなったら」を、来場者の皆さんに記入していただき、チョウの羽に貼付していただきました。
今は幼虫?さなぎ?でしょうか、チョウになって羽ばたくときどんな姿になっていたいか。小さなお子さんから高校生まで、思う思いにつづってもらいました。
3 - コピー.jpg4 - コピー.jpg


3つ目は写真撮影コーナーです。天使の羽を付けて羽ばたく姿を撮影できるスポットを設けました。
5 - コピー.jpg


4つ目は保健だよりコンクールです。
日頃の学修の成果を「保健だより」と言う形で表し、コンクール形式でご来場いただいた方々に投票を行っていただきました。
さて、今年度の優勝は誰でしょうか?
6 - コピー.jpg

どの催しにも、たくさんの方々にご来場いただき、本当にありがとうございました。

2017年10月27日

子ども健康学科 養護教諭養成課程の福祉施設実習について

養護教諭養成課程の学生は、10月10日(火)~13日(金)または、10月16日(月)~19日(木)の期間、高齢者施設、障がい者施設、児童養護施設で福祉施設実習を行いました。

1 - コピー.jpg

普段あまり接することのない高齢者や障がい者、児童養護施設の子どもと関わることで、新鮮な発見や学びがあります。

学内で学んだ知識や技術を活かして、高齢者施設では入浴介助、おむつ交換、入所者とのコミュニケーション、障がい者施設では食事介助、移動の介助、児童養護施設では学習の指導や子どもの世話などに取り組みました。
短い期間ですが、実践力を身に付ける重要な実習になります。


2 - コピー.jpg


3 - コピー.jpg

2017年10月16日

子ども健康学科 保育士就職支援説明会を開催!

10月10日(火)、弘明館50周年記念ホールで行われました『保育士就職支援説明会』に、九州女子大学・九州女子短期大学の保育士養成課程学生170名程が参加しました。

1 - コピー.jpg


当日は、(公社)北九州市私立保育園連盟会長・橘原淳信先生ほか、北九州保育所連盟、北九州市子ども家庭局子ども家庭部、北九州市保育士・保育所センターの諸先生方より、北九州の保育について、保育に関する最近の動向、北九州の保育所への就職に関することなどを、分かりやすく丁寧にご説明いただきました。

2 - コピー.jpg

また、現在、北九州の保育園に勤務している子ども健康学科の卒業生による「先輩保育士から一言」のコーナーもあり、在学生にとっては身近な先輩からの話を聞くことができる貴重な時間となりました。
教職員としても、立派に保育士として働いている姿に、とても感動しました。

質疑応答では、職場の人間関係、災害の際の備え方、保育の心構えなど、素朴な疑問にひとつひとつ丁寧なお答えをいただきました。当日、参加した学生は、未来に向けてキラキラと瞳を輝かせていました!

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加