Topics

ギラヴァンツ北九州&みやこ町との共同プロジェクトを実施しました

IMG_5934.JPG

9月30日(木)本学弘明館にて、ギラヴァンツ北九州とみやこ町、九州共立大学・九州女子大学との
共同プロジェクト「ジビエ料理プロジェクト」の試食会が行われました。

本学園は、今年6月にギラヴァンツ北九州とパートナーシップを締結しました。
みやこ町はギラヴァンツ北九州とフレンドリータウンを締結しており、
今回ギラヴァンツ北九州の御縁により共同のプロジェクトが実現しました。

みやこ町では、有害鳥獣であるイノシシ・シカによる農作物の被害が増えています。
農作物の被害を少しでも減らすため、イノシシ・シカの駆除おり、
駆除によって捕獲したイノシシ・シカは、みやこ町有害鳥獣加工施設で処理・加工をし、「みやこ肉」に生まれ変わっています。

また、ジビエ肉は、牛や豚に比べ、脂質が少なく高タンパクで様々な栄養素を含んでいるため「アスリートフード」としても期待できます。

今回、本学の栄養学科の学生と教員がみやこ肉を使用したレシピを考案し、その試食会を実施しました。
今後は、ギラヴァンツ北九州のホームスタジアムであるミクニワールドスタジアム内で販売する準備が進められています。

IMG_5906.JPG

試食会で発表された料理は「ジビエカレー」と「ジビエホットドック」。

試食会に参加いただいた方々から「美味しい」「臭みがない」「ジビエ料理のイメージが変わった」等の高評価をいただきました。

IMG_5962.JPG
↑ジビエカレー
スパイスを工夫することで、肉の旨味をしっかり味わうことのできる肉厚なカレーを実現しました。

IMG_5964.JPG
↑ジビエホットドック
本学で加工・燻製した自家製のソーセージが入っています。
ソーセージはジューシーで食べ応えがあります。

IMG_5941.JPG

まずは、ミクニワールドスタジアムのホームゲームでジビエカレーが販売されるようです。

是非ご賞味ください。

ページのトップに戻る

資料請求