教員免許状更新講習

教員免許更新制とは

  • 【1】更新講習の目的は、その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技能を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊厳と信頼を得ることを目指すことを目的として制定されました。(不適格教員の排除を目的としたものではありません。)
  • 【2】平成21年4月1日以降に授与された教員免許状(新免許状)には10年間の有効期限が付きます。
  • 【3】修了確認期限前の2年間に30時間(必修6時間、選択必修6時間、選択18時間)以上、1講座6時間、合計5講座の受講が必要です。
  • 【4】旧免許状(平成21年3月31日以前に授与された免許状)所持者は、35、45、55歳の教員に講習受講の義務が発生します。
詳細は、文部科学省のホームページをご覧下さい。
【有効期間の延長等について】

令和4年度教員免許状更新講習

「教育公務員特例法及び教育職員免許法の一部を改正する法律案」閣議決定を受け、今年度の教員免許更新講習は開講いたしません。

同法律案は令和4年7月1日施行(仮)です。
令和4年6月30日までに修了確認期限などを迎える方は、お近くの教育委員会へお問い合わせください。

お問合せ先

九州女子大学
教務課 更新講習担当
(TEL)093-693-3275 /(FAX)093-693-3350
(更新講習E-mail)kyujyo-koushin@fains.jp
平日 8:30~17:00
土曜 8:30~13:00(第1・3・5週)

ページのトップに戻る

資料請求