2010年12月17日

施設実習へ向けて

 来年の2月、3月に初等教育科1年生は保育園実習、児童福祉施設実習があります。いよいよ1年生にとって初めての実習が近づいてきています。
 前回は、保育園の先生をお招きして講演会を行いましたが、今回は、行橋みらい学園(知的障害児通園施設)から森脇賢司先生に来ていただきました。

 森脇先生は、長年、障がい児・者の療育に携われてこられ、さらに療育現場のみならずボランティア活動の運営など、様々な取組みをされている先生です。
 これまでの先生のご経験の中から、障がいを持つ子どもたちとの向き合い方や、未来の保育者として覚えておいてほしいことなど、お話や映像などを通して様々なことを伝えていただきました。

 森脇先生の療育や保育に対する情熱が学生たちにも伝わり、講演後は学生が個人的に話を聞きにいく姿も見られました。これから実習を控えた初等教育科1年生ですが、保育園の先生方や森脇先生のお話から、自分たちの将来の仕事に対する夢が広がったのではないかと思います。
 

syotou22.12.17.1.jpg
講演の様子

 

2010年12月 2日

保育実習へ向けて

 来年の2月、3月に初等教育科1年生は保育園実習、児童福祉施設実習があります。いよいよ1年生にとって初めての実習が近づいてきています。
 初等教育科では、実習に向けて様々な取組みをしていますが、その一つとして保育園の先生を招いての講演会を毎年開催しています。

 今年は中間市立さくら保育園から4名の保育士の先生に来ていただきました。保育の実際の様子を映像やお話を通して具体的に伝えていただき、また実習における心構えについても丁寧に教えていただきました。さらに、先生たちと一緒に手遊びやわらべ歌など実践的な体験することもできした。

 学生たちにとってはやはり現場の先生たちの声は、より保育の仕事を身近に感じることができ、保育の面白さを実感できる機会になったのではないかと思います。
 

syotou22.12.2.1.jpg
講演の様子
syotou22.12.2.2.jpg
みんなで手遊び体験

2010年10月29日

初等教育科:大学祭

 10月30日(土)~11月1日(月)まで、九州女子大学、短期大学で大学祭が開かれます。
 初等教育科では、例年、「子どもとあそび」というテーマのもと、いくつかの催し物を行っています。
 その中でも一番の目玉は、初等教育科一年生によるクラス対抗のデモンストレーション大会です。初等教育科らしく、人形劇や紙芝居、ダンスなど、子どもに喜んでもらう出し物を、クラスごとに発表していきます。
 ここ最近は、講義の合間や放課後など、各クラス一生懸命に準備を進めています。どのような出来になるのかは、当日のお楽しみ、ぜひみなさん大学祭に来た際には足を運んでください。

 初等教育科の催し物は以下の日程、場所で行われます。

<日時>
10月31日(日)、11月1日(月)の2日間
・クラス対抗デモンストレーション 11:00~13:30
・子どもとあそぶコーナー      10:30~14:30

<場所>
耕学館 4F 大会議室

syotou22.10.29.1.jpg
デモンストレーションの準備

2010年7月30日

初等教育科 オープンキャンパス

 7月24日(土)、7月25日(日)の2日間、九州女子大学、九州女子短期大学のオープンキャンパスが行われました。

 2日間ともに晴天に恵まれ、多くの高校生のみなさんや保護者の方々が参加していただくことができました。

 九州女子短期大学は、来年から「子ども健康学科」として生まれ変わります。当日は新しい学科について、教員による説明が行われました。また現在の初等教育科、養護教育科の学生たちによるデモンストレーションや個別相談コーナーなど、盛りだくさんの内容で参加の高校生のみなさんに楽しみながら、学科について知っていただけたのではないかと思っています。

 さて、次回の九州女子大学、九州女子短期大学のオープンキャンパスは、8月21日(土)、8月22日(日)の2日間です。子ども健康学科のブースにも、多くの高校生のみなさんに訪れていただければと思っております。みなさんとお会いできることを楽しみにしていますね。
 

syotou22.7.30.1.jpg
オープンキャンパス当日の様子
 
syotou22.7.30.2.jpg
学生によるデモンストレーション

2010年6月 7日

初等教育科・新しく赴任された先生 part2

さて今回も前回に引き続き、今年度から新しく初等教育科に赴任された先生をご紹介します。
 
syotou22.6.7.1.jpg   名前は矢野洋子(やの ようこ)先生です。矢野先生は「障がい児保育」「障がい児・障がい者福祉」がご専門であり、研究活動だけでなく、実際に障がいを持つ多くの子どもたちとかかわってこられたご経験をお持ちの先生です。これから保育士・幼稚園教諭・小学校教諭を目指すみなさんには、障がいを持つ子どもやその家族を理解するための大切なお話をしてくださると思います。
 今年度に関しては、残念ながら初等教育科での講義が少ないので、ぜひ研究室に遊びに行ってお話しをたくさん聞いてみてください。矢野先生が担当する科目は、「社会福祉原論」、「保育原理Ⅲ」「保育実習」などです。

  最後に矢野先生からのメッセージです。

 こんにちは。
 本年度から初等教育科に赴任してきました矢野洋子といいます。
 今までは他の短大の保育学科にいました。
 私の主な専門は「障がい児保育」や「障がい児・障がい者福祉」です。
 毎月1回障がいを持つ子どもたちとの余暇活動を行っています。
 興味のある方はぜひ一度見学に来てくださいね。
 授業では、実践や今までの私の体験からみなさんが興味の持てるお話をしたいと思っています。
 また私の趣味は占いです。よく当たると評判なので、人生に迷った時は研究室にお寄りください。お待ちしております!