2022年2月21日

人間発達学専攻 令和4年度 教員採用試験合格者の声②

 本年度実施された令和4年度の教員採用試験において、今回も人間発達学専攻より多数の合格者が出ました!前回「福岡県」と「大分県」の合格者の声を掲載しましたが、今回は第2弾として、「北九州市」と「特別支援学校」の合格者2名の声をお届けします。

******
 私は、北九州市の小学校教員を受験し、合格しました。
 私は、保育士になりたいと思い大学に入学しました。しかし、保育所実習や幼稚園実習に行った際、本当に私がしたいことと少し違うなと違和感がありました。それと同時に、大学で先生方の講義を受けていく中で、算数の不思議さや、音楽の楽しさなど、私が小学校の頃には感じたことのない思いが湧き出てきました。この思いを子どもに伝えたいと強く感じ、小学校教員を目指しました。
 友達が計画的に教員採用試験の一次試験対策を進めている中、私は教員になるか保育士になるか悩みに悩みました。そして、ようやく4年生の4月から本格的に教員採用試験の勉強を始めました。スタートが友達よりも遅れていることに焦りと不安がありました。しかし、「今までの人生の中で一番勉強してみよう。それで試験に落ちたら縁がなかったということだ。」と思い、必死に勉強に励みました。また、先生方が手厚くサポートしてくださったおかげで、無事に合格を勝ち取ることができました。
 4月からは、先生方のような立派な教員になれるように、沢山楽しんだり悩んだりしていく中で、子どもと一緒に成長していけるように頑張ります。
T・I(北九州市 小学校)

******
 私は、北九州市特別支援学校小学部教諭として、2022年4月より勤務することになりました。
 教員採用試験の応募は、福岡県にするか北九州市にするか最後までずいぶん悩みましたが、以下の5点の理由で北九州市への応募を決めました。
・北九州市は、事前の説明会があったこと。
・受検する仲間が側にいたこと。
・九州女子大学の教授陣が、かつて北九州で教鞭を執られていた方が多かったこと。
・北九州市教育委員会のHPに、受験に向けての情報提示がきちんとなされていたこと。
・国内初の公立病弱養護学校設立が北九州市であることを学び、歴史を感じたこと。
 二次試験に向けて仲間と模擬授業や集団討論、個人面接の練習をしたからこそ、落ち着いて採用試験に臨むことができ、結果につながったと考えています。
 関わってくださった周りの全ての方々に感謝の気持ちで一杯です。北九州市の特別支援教育に携わる一教師として、大学で学んだことを生かしていけるように、努力していきます。
K・М(特別支援学校)

******

バックナンバー

  • 九女【九州女子大学・九州女子短期大学】 LINE友だち追加