Topics

平成27年度 マナー・プロトコール検定を実施しました


「強くてしなやかな女性」の育成を教育目標に掲げる本学では、専門領域の学問の修得だけでなく、社会で必要とされるコミュニケーション能力の一つとして、さらに、就職活動にも活かせる人間力を高めることを目的として、マナー・プロトコール検定3級の取得講座を開講し、取得を推奨しています。

本学は日本マナー・プロトコール協会から九州の大学で初めての認定校として認められており、講座も学内で受講することができます。また九州女子短期大学では、キャリアデザインの授業で全員が履修しています。

本年度も大学3年生を対象に実施した検定試験の結果、合格率97.3%を達成しました。
これは、何よりも学生のみなさんが真剣にそして意欲的にマナーを学んだ成果です。

講座は10月から12月の3ヶ月間、毎週2コマ(1コマ90分)ずつ、以下の内容で合計16コマ行なわれました。
この講座は、現役モデルによる美しく見える座り方・歩き方、フリーアナウンサーによるヴォイストレーニング、演劇の専門家による印象や表情を良くするコミュニケーショントレーニング、プロのマナー講師によるテーブルマナーなど、普段の大学の授業では味わえない内容が盛りだくさんです。

この講座では、国際標準のマナーや日本の礼儀作法等を身に付け、就職活動の場はもちろん、社会に出た際にどんな社交の場でも臆することなく、スマートな立ち振る舞いが出来る品格ある女性になることを目標に楽しみながらマナーを学びました。

 ≪講座スケジュール≫
( 1回目)「オリエンテーション ~マナーと品格、マナーとは何か~」
( 2回目)「社会人に必要なマナー ~立ち居振る舞いの基本~」
( 3回目)「社会人に必要なマナー ~丁寧な言葉づかいと好感の持てる話し方~」
( 4回目)「社会人に必要なマナー ~ノンバーバル・コミュニケーション・トレーニング~」
( 5回目)「社会人に必要なマナー ~服装のTPO~」
( 6回目)「社会人に必要なマナー ~贈り物と手紙のマナー~」
( 7回目)「ビジネスシーンのマナー ~会社のしくみ、上下関係、来客応対~」
( 8回目)「ビジネスシーンのマナー ~報連相の基本、電話応対~」
( 9回目)「冠婚葬祭 ~「冠」のしきたり~」
(10回目)「冠婚葬祭 ~「婚」のしきたり~」
(11回目)「冠婚葬祭 ~「葬」のしきたり~」
(12回目)「冠婚葬祭 ~「祭」のしきたり~」
(13回目)「国際人としてのプロトコール」
(14回目)「食事のマナー ~日本の礼儀作法と和食の作法~」
(15回目)「食事のマナー ~フォーマルなテーブルマナー~」
(16回目)「マナー・プロトコール検定3級」検定試験

 ≪合格した学生のコメント≫
h27topix012601.jpg
家政学部 人間生活学科3年
佐藤 美咲さん
「先日マナーを生活の中で実践する場面があり、講座で学んだ意味をさらに実感できました。」



h27topix012602.jpg
家政学部 栄養学科3年
楠浦 佑理さん
「講座では今まで知らなかったことをたくさん学ぶことができ、大変勉強になりました。それらを生かして素敵な女性になりたいです!」



h27topix012603.jpg
人間科学部 人間発達学科 人間発達学専攻3年
諸石 麻美さん
「頑張って勉強して取った検定なので、日頃の生活にも活かしていきます。」




h27topix012604.jpg
人間科学部 人間発達学科 人間基礎学専攻3年
島田 彩香さん
「生涯に亘るしきたりやマナーが学べたので、これからも様々な場面で活かしていきたいです。」



≪マナー・プロトコール検定とは≫
日本マナー・プロトコール協会が実施している国際標準のマナー&プロトコールに関する知識・技能を客観的に評価する我が国、唯一の資格検定です。国際ビジネス、サービス産業、教育業界をはじめ、就職、ビジネスの第一線や社会で活かすことができます。
プロトコール(国際儀礼)とは、本来は国家間の公的な外交儀礼等をさしていましたが、最近ではグローバルスタンダードなマナーやエチケットの総称となっています。

ページのトップに戻る

資料請求